ロトルア 温泉と観光 郊外編

公開日: : 最終更新日:2017/02/14 NZ(New Zealand), アウトドア(Outdoor), 旅行(Travelling)

ロトルアは、見どころがたくさんあり、中心部、郊外共に人気のある観光地です。

郊外へはレンタカーやバスを利用すれば気軽に足を運ぶことができます。アグロドームやサーマルワンダーランドなど、ニュージーランドのダイナミックな自然を体験できます。

スポンサードリンクス




1.郊外への行き方

自由な旅 レンタカーという選択

日本で国際運転免許証を取得していけば、現地でレンタカーを借りて運転することができます。

ニュージーランドは、日本と同じ左側通行の国です。そのため、現地特有の交通ルールを事前にきちんと勉強していき、交通標識を頭にきちんと入れておけば、ヨーロッパなどの他の海外の国で運転するのとは比べ物にならないくらい、レンタカーの活用ができます。

9-1. rotorua airport 56431542_cd81e29571_z
Rotorua Airport, New Zealand, Photo by Phillip Capper

多くの方は、空路でロトルアに入ると思います。ロトルア湖に近く、とてもきれいなロトルア空港には、AVIS(エイビス)や、Hertz(ハーツ)などのレンタカー会社がありますので、到着してすぐに車に乗り換えて、自由自在に旅を楽しむことだって可能です。

現地でレンタカーを使って回りたいなら、いきなり空港のレンタカー会社に向かうよりは、事前にレンタカー会社に問い合わせをして、予約をしておくことをお勧めします。

スポンサードリンクス

お得で便利 バスに乗るという選択

あちこち見て回りたいけれども、レンタカーを借りる予定はない、という方には、バスの利用が便利です。

ロトルアには、「シティライド・ロトルア」というバスがあります。これは、中心地および郊外、そして空港など幅広い路線を持っていて、12のルートに分かれています。観光客はもちろんの事、普段から、地元の人の通勤通学の生活の足となっています。

空港から一度ロトルア中心地にこのバスで向かい、観光案内所で情報を得て、自分の行きたい方面へのルートを調べると良いでしょう。中心部にも4か所のバス停がありますし、東西南北、広くエリアをカバーしているので、非常に便利です。

シティライド・ロトルアは、うれしい運賃一律性になっています。そして、24時間有効のお得なバスチケットも発行されています。1日何度も乗り降り自由なチケットを使えば、料金を気にせずにあなたが回りたいところにきっと行けるでしょう。

バス利用は、平日や休日の時刻表をきちんと調べて、移動時間及び目的地での見学時間を計算すれば、とても快適です。

2.郊外の見どころ

移動方法が分かれば、あとは目的地を選ぶだけです。先に目的地を決めて、そこに交通手段を照らし合わせていき、絞っていく方法も良いと思います。

アグロドーム

ニュージーランドと言えば、羊。人の数より羊の数が多いとも言われるくらい、羊はこの国を代表するものの一つです。

見た目の愛らしさはもちろんのこと、その上質な毛はセーターなどの羊毛製品に加工されます。とても軽くてあたたかく、品質も確かです。お土産品としても人気が高く、日本国内でも、ニュージーランドメリノなどと紹介され、販売されることも多い一品です。

また、羊は食用にもされます。名物料理、ニュージーランドラムは、くさみが無く、食べやすいとされています。日本では、牛肉や豚肉、鶏肉などと比べると、羊肉は一般的ではありませんが、本場に足を運んだら、ぜひとも食べてみたい食材の一つです。

スポンサードリンクス




これ以外にも、かわいいモチーフのぬいぐるみやキーホルダー、その表情そのものがポストカードなどになっていて、羊に関するアイテムは、観光客が多く買い求めるお土産品となっています。

このように、羊と一言で言っても、一言では言い尽くせないほどの存在であるので、これはもう詳しく学んでみるのが一番なのです。学ぶ、となるとなんだか固そうですが、そんなことはありません。>楽しく羊やニュージーランドの牧場について知ることができる場所があるのです。それが、「アグロドーム」というところです。

9-2. agrodome 9483821192_3c1dc48efb_z
Agrodome Photo by Robert Linsdell

観光案内所から車で約15分という距離にあるこの場所は、ファームショーが見られる楽しい場所です。ここに来れば、羊の紹介を目の前で聞くことができ、そしてこれまた目の前で羊の毛刈りが見学できるのです。もこもこふわふわの羊が、職人の技によって、あっという間に丸裸にされてしまうショーは、必見です。

そんなに大胆に刈って、皮膚は大丈夫?!と心配になりますが、そこは職人の腕です。羊もストレスを感じることなく、すっきりさわやかなヘアカット(?)を受けられます。1日3回、毛刈りを見るチャンスがあります。それだけたくさんの羊がここにはいるのですね。

これ以外にも面白いものとして、羊のオークションがあります。我々はまさか日本に羊を買って帰るわけにはいきませんので、面白いショーとして見学するのが一番です。

また、ミルキングと言って、仔羊にミルクをあげたり、羊乳を搾る体験などもできます。
こちらは体験型のイベントになります。

楽しいツアーは他にもあります。エコファームというツアーに参加すると、果樹園を訪れたり、農場内にいる動物を触れ合ったりすることができるのです。
9-3. 2742019028_22ddca3c6b_z
At the Agrodome. Photo by Glenn G

ニュージーランドと言えば、キウイフルーツが有名です。頭上に広がるキウイ畑は、日本国内ではまずお目にかかれないような規模です。スーパーに並んでいるキウイは、こんなふうに実っているのだ!と感激します。ちなみに、日本に輸入品としてやってくるキウイフルーツは、特級品だということ。

動物とのふれあいは、お子様にも楽しい時間になるでしょう。エコファームツアーの所要時間は、約1時間ほどです。

スポンサードリンクス




ワイオタプ・サーマルワンダーランド

ニュージーランドは火山の国としても有名で、ワイオタプ・サーマルワンダーランドは、「カラフルな地熱アトラクション」の場所として人気があります。

ワイオラプ・サーマルワンダーランドが観光客に人気があるもう一つの理由は、アクセスの良さにもあります。今回紹介しているロトルアからはもちろんのこと、近隣の都市であるタウポというところからも近い場所なので、限られた時間でいろいろと見て回りたい観光客には良い立地にあるのです。

ここでは、火山活動や地熱などの自然の力によって出来上がった光景を、自分の足で歩いて、間近に見て回ることができます。間欠泉や、酸性の水蒸気によって侵食されたクレーターなどが見られます。

過去に噴火が起こった場所もたくさん残されています。巨大な火山口をみると、そのエネルギーに圧倒されます。また、火山活動によって形成された数々の池は、硫黄の影響によって黄色く染まったところや、これも自然の成り行きで多種多様の色に染められたものがたくさん存在しています。

それらを一つ一つ、自分の足で歩いて見て回ることができるということは、ニュージーランドの歴史を知ることができると同時に、自然環境の豊かさや恐ろしさを肌身で感じることができるという事なのです。

ワイオタプ・サーマルワンダーランドには、面白い特徴もあります。それぞれの池や自然環境に、名前が付けられているのです。ブクブクと炭酸の泡がでている池は、「ジャンパンプール」、硫黄で染まった池は、「デビルズホーム」などと、一つ一つがとてもユニークです。なるほど!というものもあれば、笑ってしまうようなものもありますので、楽しみながら散策していくと良いですね。

9-4. 4382351448_8af830c4fc_z
Champagne Pool at the Waitopu thermal wonderland near Rotorua. Photo by Gopal Vijayaraghavan

ここでの最大の見どころは、21メーターの高さまで吹き上がる間欠泉です。その迫力をお見逃しなく!

18平方キロメートルにも及ぶ広大な敷地の見学には、1時間以上の時間を見積もった方が良いのですが、お急ぎの方もいらっしゃると思います。その方は、30分のコースをお選びください。30分から75分までと、3つの散策コースが設定されていますので、時間と体力を考えて、自由に選ぶことができることも魅力的です。

ロトルア中心部からは、車で約30分の移動になります。

スポンサードリンクス




パラダイスバレースプリングス・ワイルドライフパーク

原生林の中にある、野生動物公園です。

8500万年前に大陸から切り離されたニュージーランドは、国土の成立の歴史から、固有の動植物がたくさんいる国です。キウイという鳥はそれらを代表する生きもののひとつです。

パラダイスバレースプリングス・ワイルドライフパークには、珍しい魚類や鳥類などたくさんの生きものが生息していて、それらを見ることができます。原生林の中にあるとは言っても、公園内はきちんと整備されており、とてもきれいです。

羊やアルパカには、手でエサをあげることができますので、動物好きなお子さまにはぜひ体験してもらいたいですね。動物と触れ合うことは、心の癒しにもなります。

鳥舎はとても大きく、中を歩いて通り抜けることができます。ニュージーランド固有種のケア(Kea)という鳥を見ることができますので、探してみましょう。

9-6. 12398108783_d58cdaf852_z
Kea. Photo by Ben

ライオン一家をみることもでき、毎日午後二時半から、食事の様子を見ることもできます。時間が合えばぜひとも見学を。

ライオンのような大型獣から、人懐こい羊、そして小さな鳥まで見ることができるのがこの施設の特徴です。

中心部から車で20分ほどのところに、原生林が茂っているということも驚きですが、それこそが、自然豊かなニュージーランドの本当の姿で、パラダイスバレースプリングス・ワイルドライフパークなのです。

3.まとめ

ロトルアは、小さなエリアにぎゅっと魅力が詰まっている場所です。郊外へも車でわずか30分ほどで行けるのですから、幅広いエリアを観光することができます。

観光客が多いという事は、その分日本語での情報も得やすく、現地の方も観光客慣れしているという事です。目的地への行き方に迷った時は、気軽に声をかけて、困っていることを伝えて教えてもらいましょう。お礼の気持ちは忘れずに。そうすれば、個人で行っても、現地の人との交流が持てるのです。

併せてこちらもどうぞ
・ロトルア 温泉と観光 中心部編
・マオリ族のハカやハンギなど、歴史や文化に触れるNZ観光
・ニュージーランドではレンタカーでの旅行だってへっちゃら
・マヌカハニーとはちみつの違い
・オークランドではスカイタワーからジャンプ!
・ウェリントン ニュージーランドの観光 押さえておきたい見学ツアーなど
・ニュージーランドのお土産にはマヌカハニーをお勧め

スポンサードリンクス

関連記事

横浜でのショッピングにおすすめする3つのエリア

横浜といえば、アクセスに便利で見どころたくさん! 今回は、大きく3つに分けてショッピングエ

記事を読む

白馬の日帰り温泉 おすすめ8つを順に紹介します!!

キッズ編から続きます。 白馬に行くとしたら、登山やスキーなどのアウトドアスポーツが人気があ

記事を読む

筑波山の全登山コースを紹介 ハイキング初心者から登山上級者までオススメします

筑波山は都心からも近く、バリエーション豊かなコースがあることから、多くの人に人気の山です。初心者

記事を読む

サンクトペテルブルクの観光(レストランとカフェ編)

芸術と文化の都、サンクトペテルブルク。 多くの世界遺産があることで知られています。

記事を読む

八ヶ岳の登山コース 北八ヶ岳編8つ紹介! 日帰り・初心者から上級者まで

八ケ岳連峰は、山梨県と長野県の県境にまたがり、南北全長約21kmにわたって連なる2,000M級の

記事を読む

成田空港ラウンジの利用方法は? 航空会社とカード会社それぞれのラウンジについて

ターミナル内のショップで時間をつぶすより、搭乗時間までゆっくり過ごしたい… 日々忙しい時間を送

記事を読む

ひたちなか祭りの花火観覧場所、駐車場選びなど

ひたちなか祭りは、JR勝田駅周辺で行われる夏の祭典。今年の開催まであと少しです! そこで、

記事を読む

グーグルマップ(Google Map)でグーグルマイマップを重ねて表示する方法

当サイト(morigasuki.net)で提供する登山地図などはグーグルマイマップで作成されてい

記事を読む

白馬の冬はスキーだけじゃない、それ以外の遊びをご紹介します(キッズ編)。

前編に続いて、白馬周辺で、冬の子供たちの遊びとして、白馬五竜スキー場 「キッズワンダーランド」な

記事を読む

茨城空港へのアクセスや遊び方

まだまだ新しい茨城空港は、旅客としてはもちろん、見学客としてもたくさん楽しめる空港です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

幸田文「きもの」のあらすじ│生きる知恵を教えてくれる作品

結婚しても両親への気遣いが出来ない長女、その逆の次女、大ざっぱな性

鋸山の登山ルート7つ。ロープウェイを使ったチョコっとハイキング~本格登山まで!!

一度は地獄をのぞいてみませんか? のぞくだけだから大丈夫。日本寺の仏

日光男体山の登山ルート4つ紹介 修験者の山、そして良縁もゲット!?

男体山(なんたいさん)は、標高2486m。 栃木県日光市にあり、

高尾山の全登山コース12通りを紹介 初心者のハイキング~上級者までを、そばや温泉を楽しみながら

東京都の西端、八王子市にある標高599mの高尾山。 昔から遠足や

早池峰山の全登山コース6つとバス利用について 日本のエーデルワイスに会いに行こう!

早池峰山は岩手県中央部、北上山地の山で、新幹線・東北自動車道の通る

→もっと見る

PAGE TOP ↑