ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1942年に発表された作品である。 ペテルブルグの一見どこにでもいそうな平凡な役人、アカーキイ・アカーキエヴィッチの生活を描き、そ

続きを見る

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子にしては珍しく、男性が主人公の物語である。 不倫をして子供を作った男たちが、最後に大変な結末を迎える物語で、男性にとっては恐怖

続きを見る

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つでもあります。 「日本百名山」の中で深田久弥は、 「煤煙とコンクリートの壁とネオンサインのみがいたずらに増えて行く東京都に、

続きを見る

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメディアなどを通じて語られる、認知症を持った義理の父の介護をテーマとしている。 主人公の立花昭子は、仕事をしながら夫の父母と同

続きを見る

ゴーゴリ 鼻のあらすじ│小市民的なユーモアへの憧憬

『鼻』は1835年、ゴーゴリ26歳の時に上梓された作品である。 主人公のコワリョフは典型的なロシアの小市民で、役所に勤めているが仕事ぶりはパッとせず、凡庸である。身なりにはかなり気を遣うが、他人

続きを見る

ベネチアングラスの値段や偽物の見分け方、保証書についてのお話

イタリア土産として大人気のベネチアングラス。ベネチアに足を踏み入れなくても、イタリアの大都市のおみやげ屋さんではたいていその商品を目にすることができます。 しかし、イタリアでこうしたおみやげ

続きを見る

ベネチアングラスとは。ムラーノ島を中心に1000年の歴史を持つベネチアの栄華の象徴

ベネチアングラスはベネチアのムラーノ島を中心に作られる工芸品で、4000年前の紀元前のシリアでの生産を起源としています。 歴史に翻弄された職人達がムラーノ島に徐々に集まり、ベネチア政府の庇護

続きを見る

宮本輝 花の降る午後のあらすじ│人生からおりた人間に花は咲かない

しがらみを捨てることは人生をおりることであり、人生からおりた人間に花は咲かない。 花の降る午後は、フランス料理店の女主人となった典子が、困難に立ち向かいながら幸せになってゆく話です。

続きを見る

有吉佐和子 芝桜のあらすじ│家族に恵まれない女たちのたくましい生き方

有吉佐和子の「芝桜」は、芸者として売られた家族に恵まれない女たちが、経済力のある男を旦那として摑まえ、自分の居場所を見つけたくましく生きていく姿を、大胆に描いた作品である。 一本気で筋の通ら

続きを見る

ドストエフスキー 悪霊のあらすじ│ロシアの文豪不朽の大作

2018/02/15 | 文学(Literature)

悪霊は、ロシアの文豪ドストエフスキーが50歳の頃の作品で、主人公らに無政府主義、無神論、社会主義革命などのテーマを持たせ、社会を混乱に陥れ、人々を不幸にしながら、誰ひとりハッピーエンドを迎えないス

続きを見る

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つで

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメ

ゴーゴリ 鼻のあらすじ│小市民的なユーモアへの憧憬

『鼻』は1835年、ゴーゴリ26歳の時に上梓された作品である。

→もっと見る

PAGE TOP ↑