大井沢の釣りとそば、そしてチェリーランドを巡った夏の思い出

公開日: : 最終更新日:2018/02/13 アウトドア(Outdoor), フィッシング(Fishing), 旅行(Travelling)

過ぎ去った夏の思い出。。。

寒河江川は、秋の深まり。

僕たちは大自然に抱かれ、魚を追い、野菜を食い、心を癒した。

スポンサードリンクス




1.北へ

「東北行こ……。キャンプしながらさ、岩手、山形、福島をまわろうよ」

あの夏のあの日、僕は坂下の研究室に押しかけて、唐突に切り出した。

「夏の想い出にしては随分地味だけど、高級リゾートなんて目じゃないぜ、あのワクワク感は。ね、決まりね」

4泊5日の日程が、お互いの都合で3泊になり、そして2泊になり、悲しい気持ちをそっと仕舞って、それでも僕達はめげずに夜の国道4号線を北上した。

「寒河江川にさえ行けば、ブルーな気持ちなんて飛んでっちゃうぜ」

スポンサードリンクス

2.光る寒河江川

kawa

眠い目をこすって福島を超え、米沢、高畠、山形と気合で乗り切り、夜明けに大井沢に到着すると、飛びきりの川が僕達を迎えてくれた。

林間から垣間見える、息づく川。震える鼓動。
camp

flower

keshiki2

僕達は釣りをした。

いや、釣りじゃない。鳥の毛なんかを使って作った、もじゃもじゃした奴を、なんとなく飛ばしていた。だから釣れなかった。坂下は真剣だったみたいだけど。

釣って、食って、出して、寝て。

とても不健全で、とても健康的な生活だった。

3.晩餐

夜の帳が下りる前に、近くのウェルマートで買い出しをした。

タマネギ12個150円、トマト9個100円。北の大地で作られた、新鮮な野菜をひたすら食べまくった。
camp2

季節はいつの間にかうつろい、秋を感じさせる気配がそこここに漂っていた。

僕達がこうやって何かを読んでいる間にも、どこかで何かが、次ぎの季節を期して力を蓄えている。そんなことを感じた。
susuki

あれこれ迷いながら、うまそうな蕎麦屋を決めた。板そばはうまかった。
9.itasoba

今はもう崩れ落ちた、中村のつり橋を対岸まで渡った。
ぐらぐらして、猿が木にぶら下がってる気分になった。
turibasi

iwana
とても小さくて、とても大きな命。会えて良かった。

camp3

tesyu

cherry

アリガトウ、サガエガワ。

スポンサードリンクス

関連記事

ツシマヤマネコの飼育、守る会、動物園や保護の現状、特徴などと守るためにできること

ツシマヤマネコは、長崎県の対馬にのみ生息しているヤマネコで、今では絶滅危惧IA類に分類されていま

記事を読む

ペルシャ絨毯の値段と産地 偽物の見分け方を教えます

「ペルシャ絨毯」って、すごく高級なイメージがあるけれど、実際いくらくらいか、ご存じですか? 産

記事を読む

天竜川漁協 太田切川の釣り 家族は早太郎温泉と遊びに誘導しましょう!

長野県の南信地方にある天竜川漁業協同組合(以下、天竜川漁協)管内の、太田切川の釣りを紹介します。

記事を読む

フィトンチッドの効果や成分、森林浴との関係やフィトンチッド商品について

フィトンチッドと聞けば、なにかリラックス効果がありそうなもの、というイメージがあるのではないでし

記事を読む

八ヶ岳の登山コース 北八ヶ岳編8つ紹介! 日帰り・初心者から上級者まで

八ケ岳連峰は、山梨県と長野県の県境にまたがり、南北全長約21kmにわたって連なる2,000M級の

記事を読む

ハリケーン、台風、サイクロンの違い 発生場所、風速、名前や進路のトリビアも紹介

台風の定義って何でしょうか、ハリケーンやサイクロンと何がちがうのでしょうか? 台風は英語で

記事を読む

利尻山の登山コース全4つ 利尻富士は一度は目に焼き付けたい美しさ!

「まるで島が山なのか、山が島なのか・・」 日本百名山の著者深田久弥は船から利尻山を見て、そう表

記事を読む

スウェーデン旅行の注意点 日本から持参して役に立つ物

旅行を計画し、いざパッキング開始! 利用する航空会社を決めたら、預け入れと機内持ち込みの荷

記事を読む

南極旅行の費用は?気候は? 色々とご紹介

え?「南極」って一般人でも行けるの? そう思った人もいるのでは? 今は南極ツアーがいくつも

記事を読む

筑波山の全登山コースを紹介 ハイキング初心者から登山上級者までオススメします

筑波山は都心からも近く、バリエーション豊かなコースがあることから、多くの人に人気の山です。初心者

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つで

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメ

→もっと見る

PAGE TOP ↑