大井沢の釣りとそば、そしてチェリーランドを巡った夏の思い出

公開日: : 最終更新日:2018/02/13 アウトドア(Outdoor), フィッシング(Fishing), 旅行(Travelling)

過ぎ去った夏の思い出。。。

寒河江川は、秋の深まり。

僕たちは大自然に抱かれ、魚を追い、野菜を食い、心を癒した。

スポンサードリンクス




1.北へ

「東北行こ……。キャンプしながらさ、岩手、山形、福島をまわろうよ」

あの夏のあの日、僕は坂下の研究室に押しかけて、唐突に切り出した。

「夏の想い出にしては随分地味だけど、高級リゾートなんて目じゃないぜ、あのワクワク感は。ね、決まりね」

4泊5日の日程が、お互いの都合で3泊になり、そして2泊になり、悲しい気持ちをそっと仕舞って、それでも僕達はめげずに夜の国道4号線を北上した。

「寒河江川にさえ行けば、ブルーな気持ちなんて飛んでっちゃうぜ」

スポンサードリンクス

2.光る寒河江川

kawa

眠い目をこすって福島を超え、米沢、高畠、山形と気合で乗り切り、夜明けに大井沢に到着すると、飛びきりの川が僕達を迎えてくれた。

林間から垣間見える、息づく川。震える鼓動。
camp

flower

keshiki2

僕達は釣りをした。

いや、釣りじゃない。鳥の毛なんかを使って作った、もじゃもじゃした奴を、なんとなく飛ばしていた。だから釣れなかった。坂下は真剣だったみたいだけど。

釣って、食って、出して、寝て。

とても不健全で、とても健康的な生活だった。

3.晩餐

夜の帳が下りる前に、近くのウェルマートで買い出しをした。

タマネギ12個150円、トマト9個100円。北の大地で作られた、新鮮な野菜をひたすら食べまくった。
camp2

季節はいつの間にかうつろい、秋を感じさせる気配がそこここに漂っていた。

僕達がこうやって何かを読んでいる間にも、どこかで何かが、次ぎの季節を期して力を蓄えている。そんなことを感じた。
susuki

あれこれ迷いながら、うまそうな蕎麦屋を決めた。板そばはうまかった。
9.itasoba

今はもう崩れ落ちた、中村のつり橋を対岸まで渡った。
ぐらぐらして、猿が木にぶら下がってる気分になった。
turibasi

iwana
とても小さくて、とても大きな命。会えて良かった。

camp3

tesyu

cherry

アリガトウ、サガエガワ。

スポンサードリンクス

関連記事

オークランド観光のおすすめ スカイタワー、ワイナリーツアーやファーマーズマーケットなどを紹介

ファーマーズマーケット、スカイジャンプ、ワイナリーにシーフード、オークランドを観光で訪れる目的は

記事を読む

ベネチアングラスとは。ムラーノ島を中心に1000年の歴史を持つベネチアの栄華の象徴

ベネチアングラスはベネチアのムラーノ島を中心に作られる工芸品で、4000年前の紀元前のシリアでの

記事を読む

北欧の家 スウェーデンでは家を2つ持つ

あなたにとって「家」はどんな場所ですか? 家族と団らんするところ、自分の趣味を楽しむ所、好

記事を読む

横浜観光スポットのおすすめとコースをご紹介します

横浜観光スポットといえば、中華街、元町から赤れんが倉庫、山下公園、港の見える丘公園、外人墓地、ズ

記事を読む

ニュージーランドのお土産にはマヌカハニーをお勧め

旅の楽しみの一つがお土産選び。職場に、友人に、もちろん自分へのお土産も忘れずに。 ニュージ

記事を読む

潮来 あやめまつりと駐車場情報

長い歴史をもつ水郷潮来(すいごういたこ)あやめまつりは、なんと1952年から開催されています。

記事を読む

マオリのハカの意味やハンギなど、歴史や文化に触れるNZ観光

NZと言えば何を想像しますか? ヒツジ、マオリ、ラグビーのオールブラックスなんかが思い浮か

記事を読む

谷川岳の全登山コース7つを紹介! 一ノ倉沢経由など日帰りや初心者用~!

谷川岳は、群馬県と新潟県の県境にそびえる日本百名山です。 この山は、「耳二つ」とも呼ばれます。

記事を読む

サンクトペテルブルクの観光(市内めぐり編)

「サンクトペテルブルグ」といえば、北欧フィンランド湾に面するロシア西部の芸術都市で、かつての帝政

記事を読む

利尻山の登山コース全4つ 利尻富士は一度は目に焼き付けたい美しさ!

「まるで島が山なのか、山が島なのか・・」 日本百名山の著者深田久弥は船から利尻山を見て、そう表

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つで

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメ

→もっと見る

PAGE TOP ↑