ハリケーン、台風、サイクロンの違い 発生場所、風速、名前や進路のトリビアも紹介

公開日: : アウトドア(Outdoor), 生活(Life)

台風の定義って何でしょうか、ハリケーンやサイクロンと何がちがうのでしょうか?

台風は英語で「タイフーン」と言いますが、アメリカで発生する台風は「タイフーン」って言わないのはなぜでしょう?

発生場所、風速、名前の違いや、変な進路などの面白いお話をご紹介します。

スポンサードリンクス




1.何が違う?台風、ハリケーン、そしてサイクロン

台風、ハリケーン、サイクロン。
これら3つは天気予報や世界のニュースでよく耳にする気象用語です。映像も見たことがあるでしょう。

共通して言えることは、「大雨」、「暴風」そして「大雨や暴風による被害」だと思います。
台風、ハリケーン、サイクロンは「熱帯から亜熱帯の海上で発生した低気圧」の中でも特に強いもので、一言で言うと、

「熱帯低気圧が強力になったもの」

です。

それでは、なぜ言葉の違いがでてくるのでしょうか?

前述のように、台風は英語で「typhoon」。
読み方は日本語の音に近く「タイフーン」。
しかし、世界のニュースを聞く限り、台風はアジアでのみ使われ、アメリカを横断する強力な熱帯低気圧は決して「タイフーン」と言いません。

同様に、ハリケーンは英単語ですが、日本を直撃する強力な熱帯低気圧を「ハリケーン」とは言いません。

サイクロンは、台風やハリケーンほど耳にすることは無いですが、昨今では家電製品で「サイクロン式○○」などと用いられることもあり、「なにか強力な風に関係するもの」というイメージが湧くと思います。

実は、台風、ハリケーン、サイクロンの違いは、その発生海域によって名称が変わるだけなのです。

どれも熱帯低気圧なのですが、


北太平洋西部で発生した熱帯低気圧は「台風」
大西洋や北太平洋東部で発生したものは「ハリケーン」
インド洋や南太平洋で発生したものは「サイクロン」

と呼ばれています。

なので、北アメリカ大陸周辺で発生したものは、タイフーンではなく、ハリケーンになる、ということなのです。

スポンサードリンクス

2.台風、ハリケーン、サイクロンのいろいろ

「大型で強い台風」って何? 最大風速と大きさ(半径)

台風は、最大風速約17m/s以上の領域(強風域)の半径の大きさによって、3段階(台風、大型台風、超大型台風)に分けられ、


半径500Km未満を「台風」
半径500Km~800Km未満を「大型台風」
半径800Km以上を「超大型台風」

と表現しています。

また地表面での最大風速の強さでも表現があります。


風速17m/s以上を「台風」
風速32m/s以上を「強い台風」
風速43m/s以上を「非常に強い台風」
風速54m/s以上を「猛烈な台風」
風速70m/s以上を「スーパー台風」

と表現しています。

ですので、
半径650Kmで、風速33m/sの台風の場合、上記の呼び名を組み合わせて、
「大型で強い台風」
と呼び、
半径850Kmで、風速60m/sの台風の場合、上記の呼び名を組み合わせて、
「超大型で猛烈な台風」
と呼ぶわけです。

ちなみにハリケーンは地表面で最大風速約33m/s以上からとなります。

サイクロンの場合、台風と同様に、最大風速17m/s以上で発生したことになりますが、最大風速の計測方法は、北インド洋、南インド洋、オーストラリア周辺の3エリアと南西太平洋で異なり、また、風速毎のサイクロンの強さの名称分類も、上記エリア毎に異なってきます。
複雑ですので、割愛します。

スポンサードリンクス




ベイビーサイクロン

大きなものは記憶に残りやすいですが、逆の小さなものはどうでしょうか。
記録に残っているものとして、1998年に発生したサイクロン「マルコ(Marco)」が挙げられます。その大きさは半径12マイル。たったの半径19Km、直径38Kmしかありませんでした。

38Kmはだいたい、東京駅~八王子駅、東京駅~横浜の港南台駅までの直線距離です。しかし、れっきとしたサイクロンだったのでした。

進路と寿命あれこれ

台風は早く過ぎ去ってもらいたいものですが、日本ではどのくらい長く続いた台風があったのでしょうか?過去の記録を見てみると、最長で19日というものがありました。

海外に目を向けてみると、これをはるかに上回るハリケーンがありました。
なんと一ヵ月も続いたのです。
これは、1994年の8月11日から9月10日にわたる計31日間渦を巻き続けたハリケーン「ジョン(John)」というもので、しかも、総移動距離は13、280Km、東京~NY間(10、800Km)を優に超える移動をしました。

ジョンは今までで最も長く続き、最も遠くまで移動したハリケーンとされています。
7月25日にアフリカ西部で発生した熱帯波が、太西洋とカリブ海を横断し、中央アメリカを通過したのちに、太平洋へ抜け、太平洋の北東でハリケーンとなり、アメリカ大陸に上陸せずに反対に進み、勢力を弱めずに太平洋の中心部へと向かいました。

ジョンはハワイの南を通過したのちにさらに西に移動してから、太平洋の中心部付近で北に進路を変えアラスカへと向かいました。
そして、その名称がハリケーンから台風へと変わって、計31日間も暴れ回りました。

ジョンは海上にほとんどいたので、陸上での被害はほとんどなかったのですが、ハワイとアラスカで多少の被害が出ました。

スポンサードリンクス




3.なぜ発生する?

ハリケーンや台風などはどのように発生するのでしょうか?
熱帯低気圧が強力になっていく過程で説明しましょう。

ハリケーンの場合は、大西洋や北太平洋東部の海上で発生したものであると前述しました。その際、海水の温度が最低でも27度あることが条件とされています。

27度以上の海水温では、温められた海水が活発に蒸気となり、上昇気流が発生し、大規模な大気の対流が生じます。雲がどんどん発生し巨大になり、徐々に大気が不安定になって行きます。
そして時間が経つと、熱帯性低気圧が暴風や大雨を伴ったハリケーンとなってゆくのです。

一方、海水温度が26度以下の条件では、大気は安定しすぎて嵐を発生させるだけの十分なエネルギーを持たないとされています。

4.台風は〇号、ではハリケーンは?

天気予報を見ていると、「台風5号」というように、号を用いて台風を言い表します。一方、ハリケーンには、人の名前が付けられます。
アメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナが記憶に残っている人も多いでしょう。

ハリケーン名は、スイスのジュネーブにある世界気象機関(World Meteorological Organization: WMO)が決めており、ここは、世界の6気象地域の情報を管理しています。
ハリケーン名は、6年ごとに再使用されますが、過去に重大な被害をもたらしたハリケーンにつけられた名称は欠名とされることがあり、実際にアンドリューやカトリーナは欠名となりました。

アンドリューは1992年、カトリーナは2005年に発生したハリケーンで、どちらもカテゴリー5に指定された、非常に大きなものでした。ちなみに、ハリケーンのカテゴリーは1から5に分類され、5が一番大きいものとされています。

スポンサードリンクス




5.意外と安全なのはあの楽園の島

台風、ハリケーン、そしてサイクロンは海上で発生すると書きました。
どれも規模が大きくなると、甚大な被害をもたらす厄介者なのですが、海上ではなく陸地なら安全なのか?と考えるのは時期尚早です。

これら3つは海上で発生し、そのまま海上で消滅することもありますが、ほとんどは、暴風雨を伴い陸地を通過します。

日本にはほぼ毎年台風が上陸しており、ハリケーンも毎年のように北米大陸に上陸しています。サイクロンはこれら二つほど発生件数がありません。これはインド洋が他の地域よりも海洋面積が狭いという地理的要因が影響しているのですが、ゼロではありません。

しかし、サイクロンが発生するインド洋近辺は低地が多く、高潮の被害を受けやすいため、一度発生すると、その被害は甚大になってしまいます。インド洋は他の海洋よりその広さが無い分、沿岸の国々は安全か、というと決してそうではないのです。

となると、発生する地域はどこでも危険ということになりますが、意外と安全な場所として挙げられるのがなんとハワイなのです。
太平洋上にあり、いくつかの島から成り立っているハワイ州。過去60年の記録を見てみると、ハワイ州を直撃したハリケーンは、たったの4つしかないのです。

しかし、その被害は軽いものではありませんでした。最近のものは1992年9月で、この時は4名が無くなり、14、000件の家屋に被害をもたらし、被害額は30億ドルと言われました。

比較的安全ですが、絶対的に安全とは言えないことが分かります。

6.まとめ

台風、ハリケーン、そしてサイクロンは、基本的には発生場所が異なる熱帯低気圧で、暴風の強さは17m/s~33m/s以上と、一律に決まってはいません。

海外旅行に行きやすくなった現代、海外の情報を得ることも非常に簡単になりました。
治安情報ももちろん大切ですが、フライトがキャンセルになることもあり、刻々と変わる旅先の気象情報も決して軽視できない事項です。

また最近は異常気象が増え、季節外れの台風や、大型の台風が頻繁に日本列島に上陸するようになりました。

台風、ハリケーンとサイクロンは、どれが一番強いということはないのですが、世界的な異常気象で大型や超大型のものが増えています。
通過が予想される場合には、十分気を付けましょう。

スポンサードリンクス

関連記事

イギリス風アフタヌーンティーのマナー 10個以上知っていますか?

イギリスのティータイムと聞けば、ホテルでのアフタヌーンティーを想像する人も多いのでは? あ

記事を読む

フェスの服装 女の子の5つのチェックポイントをロッキンを例に説明

チケットは手に入れたし、宿泊先の確保もOK、移動手段も確認済み!さあ、それでは次に服装や持ち物の

記事を読む

美味しいインスタントコーヒーの入れ方は? 簡単な方法で味が変わります

インスタントコーヒーだからってバカにしちゃいけません。 ちょっとした手間でぐっと美味しくな

記事を読む

ロッキン、ホテルの他にテントやキャンプもある! 後編

開催期間中の宿泊施設の確保は、とても大変です。でもホテル、旅館や民宿以外にもロッキンでは宿泊手段

記事を読む

ロトルア 温泉、観光や間欠泉などを紹介 市中心部編

オークランド(Auckland)からも近いロトルア(Rotorua)は、ニュージーランド北島を代

記事を読む

鹿嶋まつりのフリーマーケット、B級グルメ、駐車場などを紹介

鹿嶋市最大クラスのお祭りが毎年秋に開催されます。 その名も「鹿嶋まつり」。 家族総出

記事を読む

Fikaはクッキーの意味? 北欧スウェーデンのフィーカがある生活を紹介

素敵なデザインに囲まれていて、自然が豊かで、夏休みは2か月もある!そんなスウェーデンに憧れるけれ

記事を読む

横浜でのショッピングにおすすめする3つのエリア

横浜といえば、アクセスに便利で見どころたくさん! 今回は、大きく3つに分けてショッピングエ

記事を読む

スタバのノンカフェイン・コーヒー(デカフェ)の特徴と他のコーヒーとの違い!

コーヒーは飲みたいけどカフェインが気になる…そんな人が増えています。 妊娠中の女性、胃

記事を読む

富山といえば常備薬?控除対象?必要?置き薬のあれこれをご紹介

家庭の常備薬と言えば、「富山の置き薬」。 いつの間にか頭に刷り込まれていますが、常備薬と富山県

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つで

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメ

→もっと見る

PAGE TOP ↑