「 月別アーカイブ:2018年05月 」 一覧

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメディアなどを通じて語られる、認知症を持った義理の父の介護をテーマとしている。 主人公の立花昭子は、仕事をしながら夫の父母と同

続きを見る

ゴーゴリ 鼻のあらすじ│小市民的なユーモアへの憧憬

『鼻』は1835年、ゴーゴリ26歳の時に上梓された作品である。 主人公のコワリョフは典型的なロシアの小市民で、役所に勤めているが仕事ぶりはパッとせず、凡庸である。身なりにはかなり気を遣うが、他人

続きを見る

赤城山登山の全15ルート! 1時間のハイキングや初心者登山から紹介

赤城山は、初心者でも手軽に楽しめるコースがたくさんあり、おすすめの

高尾山の日帰り温泉、健康ランド、銭湯など25施設以上を紹介します

高尾山周辺の9の日帰り温泉、6つの健康ランド、11の銭湯を紹介しま

恩田陸 蜜蜂と遠雷のあらすじ│4人のコンテスタントそれぞれの心情と背景そして演奏

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」は、国際ピアノコンクールで、4人の出場者(コ

宮尾登美子 蔵のあらすじ│過酷な運命を生き抜く女たちの物語

蔵は宮尾登美子の代表作で、越後の国の蔵元を舞台に、盲目となる少女・

中島敦 名人伝のあらすじ│名人とは何か? 中島敦の遺した寓話

名人伝は1942年12月に発表された作品で、中島が同じ月の4日に死

→もっと見る

PAGE TOP ↑