ペルシャ絨毯の値段と産地 偽物の見分け方を教えます

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 ショッピング(Shopping), 旅行(Travelling), 生活(Life)

「ペルシャ絨毯」って、すごく高級なイメージがあるけれど、実際いくらくらいか、ご存じですか?
産地がいくつかあって、それぞれ特徴があることを、ご存知ですか?

「ペルシャ」は今のイラン辺りのこと。古代文明が栄えた地域です。

約2500年前には作られていたそうで、王朝が変わるごとに変化していますが途切れることなく生産されています。

12(photo pixabay)

現在、代表的な生産地域がイラン国内に5つあり(Tabriz、Kashan、Qum、Isfahan、Nain)、それぞれカラー、デザイン、染め方に特色があります。
代表的な産地以外に、ローカルな産地もいろいろあります。

またペルシャ絨毯は、上記のような「地域」で区分する以外に、作り手の社会的なバックグラウンドである部族や生活様式で区分されたりします。

バックグラウンドでの区分としては、遊牧民の作るノマディックカーペット(Nomadic/tribal carpets)、町や村で織られるタウンカーペット(Town/Village carpets)といった区分をします。

遊牧民の作る絨毯の場合には、部族ごとに区分して、Qashqai(キャシュカイ)、Kurds(クルズ)、Afshari(アフシャリ)などと細かく区分します。

スポンサードリンクス




1.ペルシャ絨毯ていくら位するの?

ペルシャ絨毯は受け継がれてきた技術を手織りで時間をかけて制作するもの。

使用されるのは羊毛か絹で、縦糸用に綿が使われています。

絹が一番高級ですが、高価なうえ傷みやすく耐久性も弱いので床ではなく壁に飾ることが多いです。

100×140センチ前後サイズのお値段は絹だと200万円、羊毛で100万円弱ほど。

これだけお高いと、当然偽物も出て来ます。
中国・インド・パキスタンなどで作られたもので、機械で織られ安い化学染料で染められています。

その他、日本の着物が日本人指導者のもとベトナムなどで作られているようにペルシャ絨毯も、イラン人技術者が中国で織らせているものもあります。
イランで作られていても、機械織りのものもあります。

スポンサードリンクス

2.偽物の見分け方はあるの?

見慣れていないと、偽物を見てもなかなか判別がつきませんから、専門店や名の通ったブランドを信頼するしかありません。

デパートや催事場のものはマージン分さらに高くなるので、専門店に何度も通って、勉強するのが一番です。

お店の方は皆さん、快く色々教えてくれますよ。

価格が非常に安いもの、イラン以外製のもの、機械織りのものは避けるようにしましょう。
通販で購入するのもNG。
たとえ本物のペルシャ絨毯でも不良品の場合が多いそうです。

例えばAMAZONで、「毛100% 約170×250 手織り ペルシャ絨毯」が20万円以下。他の情報は掲載されていません。

本物の良品なら10倍近くするはずです。

どんなに写真の柄が気に入ったとしても、思いとどまった方が無難ですね。

3.ペルシャ絨毯とギャッベの違い

ペルシャ絨毯はお高くて手が出ないという方もいて、最近は、ギャッベに注目が集まっています。

では違いはどういった点にあるのでしょうか?

ギャッベも、大きな括りではペルシャ絨毯の1つの種類です。
同じペルシャ(今のイラン)で作られている絨毯だからです。

ペルシャ絨毯と言えば、日本では、絹で織られ、とても細かなデザインが施された絨毯という印象をお持ちではないでしょうか。これは、あちらではタウンカーペット(Town Carpet)と呼ばれ、ペルシャの都市部で作られる絨毯です。

一方で、ギャッベはより実用的な方向性を持ち、シンプルなデザインと頑丈さが売りです。
ギャッベは、ペルシャ絨毯の中では、ノマディックカーペット(Nomadic/tribal carpets)と呼ばれ、寒暖差の激しい高地や低地を、長距離移動しながら、掛け毛布や敷きマットなどとして使用する、遊牧民が作る絨毯です。
ギャッベのページでも説明しましたが、さまざまな遊牧民が作っています。
最近では、デザイン性を高め、アートギャッベという呼び名で売られるものもあります。

タウンカーペットは、ノマディックカーペットのように過酷な状況下で使われることがありません。
そのため、華美なデザインや、繊細な織り、絹のような贅沢な材料の使用といった方向に進んだのです。そして王族などに献上される、高級品としての地位を築いたのです。

最初に挙げた、代表的な5つのペルシャ絨毯産地、Tabriz、Kashan、Qum、Isfahan、Nainは、すべてタウンカーペットの産地です。

日本ではこの5つが有名ですが、最後のQum(クム)、Isfahan(イスファハン)、Nain(ナイン)の3地域は、互いに似たデザインを持ち、コットンのベースにシルクをパイル織りした絨毯を作ります。
非対称の編み方が特徴で、QumとNainのペルシャ絨毯では、非常に精巧な円形模様(medallion)を施し、淡い水色とアイボリーの色遣いをするのが特徴です。
これらの比べ、Isfahanのペルシャ絨毯は赤褐色や青を良く使うのが特徴です。

Tabriz(タブリーズ)では、あらゆる種類の絨毯が作られ、羊毛、コットンやシルクのベースに、羊毛または絹をパイル織りして絨毯を作ります。

Kashan(カシャーン)は、ペルシャ最古の絨毯生産地で、絹のペルシャ絨毯の産地として有名です。

他には、Kerman(ケルマン)とMashhad(マッシャド)という2つのタウンカーペット産地があります。

Kermanでは、繊細で優雅なデザインを持つペルシャ絨毯を織ります。鮮やかな赤、アイボリー、明るい黄色といった色遣いが特徴です。

Mashhadのペルシャ絨毯では、鮮やかな赤が良く使われます。赤い色のデザインベースに、濃いアラビア唐草文様(arabesque pattern)が織り込まれます。

スポンサードリンクス




4.どんな人が織っているの?

イランはイスラム教国家です。
女性は家の中に居り、男性に守られるべきもの、という考えがあり最近までの織り手は子供も大人も男性でした。

ところが、自由化を求める若者からの声を受け、社会がゆるやかになって女性も社会に進出することができるようになりました。

現在、ペルシャ絨毯の織り手の多くは女性です。
10歳くらいから織り方の勉強を始め、15歳で既にベテランです。

ペルシャ絨毯は非常に根気のいる作業の繰り返しです。
結び目ひとつゆるんだだけで、図案が崩れてしまうのです。
そのような根気と細やかな神経を必要とする作業は、女性にうってつけなのでしょう。

ペルシャ絨毯の中でも特に美しいと高評価を得るのは、15~20歳前後の若い女性たちの作品だそうです。

スポンサードリンクス

関連記事

ニュージーランドのお土産にはマヌカハニーをお勧め

旅の楽しみの一つがお土産選び。職場に、友人に、もちろん自分へのお土産も忘れずに。 ニュージ

記事を読む

飯田市の観光、絶対おすすめスポットをご紹介

長野県飯田市は、江戸時代には飯田藩の城下町として栄え、今もその面影を残す土地です。 人形浄

記事を読む

西表島の観光でおすすめの生きもの観察

西表島は、島の成り立ちの歴史から、この地域固有の動植物がたくさんいます。 島にある3つの山(古

記事を読む

スウェーデンのお土産におすすめするお手頃なもの

スウェーデンを代表する高めのお土産品を以前に紹介させていただきました。 ガラス製品、リネン

記事を読む

焼き飯とチャーハンの違いは何?ピラフやパエリアとも違うの?

焼き飯とチャーハン。 似ているようで違うもの。 特に、専門店で食べると全く違うんです

記事を読む

マヌカハニーとは。ハチミツとの違いには、月とすっぽんほどの差があった!

「マヌカハニー」は科学的にも黄色ブドウ球菌やピロリ菌などへの殺菌効果が証明されているはちみつです

記事を読む

スウェーデンのオーロラはキルナへ。観光も楽しめます。

あなたが人生で一度は見てみたいものに「オーロラ」はありますか? 実はオーロラは日本でも見ら

記事を読む

長野のワイナリーで見学ができ、レストランがあるところは?おすすめを紹介

今や世界でも認められるようになった日本産ワイン。 なんと、全国で200以上のワイナリーがあるそ

記事を読む

オークランド観光のおすすめ スカイタワー、ワイナリーツアーやファーマーズマーケットなどを紹介

ファーマーズマーケット、スカイジャンプ、ワイナリーにシーフード、オークランドを観光で訪れる目的は

記事を読む

美味しいインスタントコーヒーの入れ方は? 簡単な方法で味が変わります

インスタントコーヒーだからってバカにしちゃいけません。 ちょっとした手間でぐっと美味しくな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つで

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメ

ゴーゴリ 鼻のあらすじ│小市民的なユーモアへの憧憬

『鼻』は1835年、ゴーゴリ26歳の時に上梓された作品である。

→もっと見る

PAGE TOP ↑