ヤンバルクイナに会いに沖縄に行こう!生態や観光ツアーもご紹介

公開日: : 最終更新日:2018/01/09 生きもの(Living thing)

ヤンバルクイナといえば、沖縄にいる、変わった名前の珍しい鳥、というのはご存じですね。
いったいどんな鳥なのでしょうか。

スポンサードリンクス




1.ヤンバルクイナってどんな鳥?

23

ヤンバルクイナとは、沖縄の「やんばる」と呼ばれる沖縄島東部の国頭村、大宜味村、東村にしか生息していない、国の天然記念物の鳥の名前です。

この生息地の森はカシやシイなどの常緑広葉樹林で、ほかにも数種類の鳥がここだけで生息しています。

ヤンバルクイナは現在1500羽ほどしかいない希少野生動物で、一時は絶滅が危惧されていました。
現在は天敵のマングース防除や人工・自然孵化などの努力によって保護され、少しずつ数が回復しています。

全長が約30センチ、体重は400g前後で、くちばしが赤く、顔やのどの部分は黒、羽根は茶色っぽく、お腹の部分に白い横筋が入っています。

羽根はありますが体に対して小さめで、翼を動かす胸の筋肉が発達しておらず、殆ど飛ぶことができないとされています。

雑食で、昆虫、爬虫類、種子なと、土の中の虫からカタツムリ、種まで太くて大きいくちばしでつついて割り、中身を食べます。

声は大きく、夕方になるとよく鳴いています。

昼間は茂みの中にいますが、夕方になると木に登り、太い横枝に止まって寝ます。
足の筋肉が非常に発達していて、茂みの中をすばやく移動することが出来ます。

2.なんで絶滅しそうになっているの?

一番大きな原因はマングースやノネコの捕食です。
そのほか沖縄の乱開発によって生息地が破壊されたり、自動車による轢死も多いのです。

特に5~6月、仔鳥が巣立つ頃は食欲が旺盛になり、親鳥が餌を探して動き回るため、交通事故に会ってしまうようです。
1年で、43羽が死亡したこともあります。

それでも、NPOや環境省が保護や孵化に力を入れていて、マングースの捕獲などの効果もあり、ここ数年は少しずつ増えて来ています。

3.見ることはできるの?

やんばるの地は、森林地帯のため、専門のガイド付きのツアーがいくつかあります。

国頭村環境教育センター主催のバードウォッチングでは、宿泊者のみ参加できます。
1泊2食付きで1名での宿泊なら10,070円、2名なら1名につき7,500円。
バードウォッチングは約2時間、早朝におこない、別途3,600円かかります。

ヤンバルクイナを探しに行くだけのツアーなら、早朝かナイトコースで各7,000円ほど。

また、名鉄観光などで、飛行機とホテル・食事付きのツアーが各地から出ています。ツアーは現地申込になるようです。

また、ヤンバルクイナ生態展示学習施設が国頭村内にあり、年中無休、9時から17時まで開設しています。
生きているヤンバルクイナに会う事ができますよ。
料金は大人500円、子供200円です。

スポンサードリンクス

関連記事

ミドリガメの冬眠と目覚めのさせ方は?注意する点もしっかり覚えよう

ミドリガメ(アカミミガメ)の冬眠は一歩間違えれば、死なせてしまうこともあります。 元気に冬

記事を読む

ミドリガメ 飼育は難しい?今後飼えなくなるの?特定外来生物とは

ミドリガメは「アカミミガメ」の幼名です。 アメリカが主な生息地とされるこの亀ですが、現在は

記事を読む

西表島の観光でおすすめの生きもの観察

西表島は、島の成り立ちの歴史から、この地域固有の動植物がたくさんいます。 島にある3つの山(古

記事を読む

絶滅危惧種の一覧である日本や世界のレッドリスト・レッドデータブックと文化財保護法(天然記念物)、鳥獣保護法、種の保存法、ワシントン条約との関係

レッドリスト?レッドデータブック?なんだか赤くて危なそうな色の本ですね。 これらは、絶滅の

記事を読む

アブラゼミの鳴き声や名前の由来

7月終わり頃から大合唱を始めるアブラゼミ。 午後の3時過ぎあたりからよく聞こえるようになり、時

記事を読む

イリオモテヤマネコの特徴、保護活動や減少している原因を紹介します。

とてもワイルドでかわいらしいイリオモテヤマネコ(西表山猫)は、沖縄県の西表島で1965年に発見さ

記事を読む

アザラシとアシカの違いは?オットセイやセイウチも。写真と文章で紹介

「アシカ」と「アザラシ」。よく似ているこの2種類、 さらには「オットセイ」や「トド」「セイウチ

記事を読む

蜂に刺された時の対処法とは 針を抜き、患部を水洗いし、市販の虫刺され薬を

蜂と聞くと「刺す!」と連想する人が多いのではないでしょうか。 夏から秋には、テレビでスズメ

記事を読む

最初のイリオモテヤマネコ保護まで 発見からの経緯

日本の西表島だけに生息するという珍しいヤマネコ「イリオモテヤマネコ」が発見されるまでには、食用に

記事を読む

ツシマヤマネコの飼育、守る会、動物園や保護の現状、特徴などと守るためにできること

ツシマヤマネコは、長崎県の対馬にのみ生息しているヤマネコで、今では絶滅危惧IA類に分類されていま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つで

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメ

→もっと見る

PAGE TOP ↑