フィンランド旅行の予算、お土産、ベストシーズンについて

公開日: : 最終更新日:2018/01/09 北欧(North Europe), 旅行(Travelling)

フィンランドと聞いて思い浮かべるのは何でしょう。

水と湖、オーロラ、ムーミン、サンタクロース、マリメッコ、ノキア…

安全で、英語が通じやすく、何より街全体がとてもスタイリッシュなフィンランド。
まさに「映画のワンシーンのような」と形容される景色が街にあふれています。

スポンサードリンクス




1.フィンランドってどんな国?注意すべき点は?

14

まずは簡単な情報と注意すべき点をあげてみましょう。

スカンジナビア半島の内側でバルト海に面し、国の大半が寒冷地のため、都市は南部に集中しています。
国土の1/3が北極圏内で、南部ヘルシンキでさえ年間の平均最高気温が日本より10℃近く低く、冬は-10℃近くまで下がります。

面積は日本とあまり変わらないのに人口が北海道とほぼ同じで、高い教育水準を持つ経済大国です。
男女同権思想が根付いていますが、兵役は男性のみの徴兵制(6~12ヶ月)を取っています。

治安に関しては、犯罪発生率が日本に次いで第7位(2013年)と低く、安全な国です。

しかし、最近移民の増加などに伴い、犯罪が増えています。
特に日本人観光客は窃盗被害を受けやすいという統計が出ています。

スポンサードリンクス

2.旅行のベストシーズンはいつ頃?

年間を通して雨量が少ないので湿度が低く、一番暑い夏の6月~9月でも、気温が最低10℃、最高20℃前後です。
涼しいですし、ラップランドの白夜を体験したい人はこの時期がおすすめです。

逆に一日中暗黒に包まれてみたいなら冬が良いでしょう。
太陽が全く見られず、空はどんよりと暗いのですが、クリスマスのイルミネーションに飾られた街の様子は、とてもきれいです。

オーロラ鑑賞は9月~11月なら氷点下になることなく見られる確率が高いようです。

15

3.旅行の予算はどのくらい?

ツアーでホテル付きフリープランなら、ベストシーズン5日間で18万くらいからです。
値段は、夏が終わる10月中旬ころから下がり始め、11月後半には15万を切るツアーもあるようです。

搭乗員付きのオーロラ鑑賞ツアーになると約6~10万プラスになります。
効率よくオーロラを見たいなら、割高でもこちらのほうをおすすめです。
ただし、見られなくても返金はされないのでご注意を。

さて、フィンランドは物価の高さが世界有数と言われています。
食事はマックのセットが500~1100円程度(1ユーロ¥140換算)。
ピザだけは安く、巨大ピザが800円程度。
カフェでのランチが1100円から。

500ml入りペットボトル飲料や350ml缶ビールが350円程度。

交通機関の乗車券は、市内なら一律400円程度です。

クレジットカードは市場や屋台など以外ではだいたい通用するので、1枚は持って行くことをおすすめします。

4.フィンランドのお土産といえば?

代表的なのはムーミングッズ。専門ショップがあります。
マリメッコはスーパーでも雑貨が手に入りますので、お手軽なお土産に最適です。

さらに、キシリトール製品がたくさん。スーパーでも歯磨き粉からお菓子まで色々揃っています。

チョコレートなら老舗のFazer(ファッツェル)。
色々なサイズがあるのでお土産にぴったりです。

「サルミアッキ」という、世界一まずい飴と呼ばれている飴も同社製なので、ジョークが通じる友人にいかがでしょうか?

スポンサードリンクス

関連記事

オークランド観光のおすすめ スカイタワー、ワイナリーツアーやファーマーズマーケットなどを紹介

ファーマーズマーケット、スカイジャンプ、ワイナリーにシーフード、オークランドを観光で訪れる目的は

記事を読む

ひたちなか祭りの花火観覧場所、駐車場選びなど

ひたちなか祭りは、JR勝田駅周辺で行われる夏の祭典。今年の開催まであと少しです! そこで、

記事を読む

ひたちなか海浜鉄道へのアクセスから魅力まで!

世の中、もっと便利に、もっと早く、という空気が流れていますが、ゆっくりしたい時だってありますよね

記事を読む

フィリップ王子 スウェーデンのイケメン王族なのにすごくまじめなんです

スウェーデン王室のカール・フィリップ王子。 世界のイケメン王族ランキングでも上位に挙がるこ

記事を読む

ニュージーランドのお土産にはマヌカハニーをお勧め

旅の楽しみの一つがお土産選び。職場に、友人に、もちろん自分へのお土産も忘れずに。 ニュージ

記事を読む

高尾山登山コース9.憧れの「高尾陣馬縦走コース」 上級者向け (計 7H~8H)

1.コース9.憧れの「高尾陣馬縦走コース」 上級者向け (計 7H~8H) このコ

記事を読む

サンクトペテルブルクの観光(市内めぐり編)

「サンクトペテルブルグ」といえば、北欧フィンランド湾に面するロシア西部の芸術都市で、かつての帝政

記事を読む

白馬の日帰り温泉 おすすめ8つを順に紹介します!!

キッズ編から続きます。 白馬に行くとしたら、登山やスキーなどのアウトドアスポーツが人気があ

記事を読む

フェスの持ち物 ロッキンで使える便利グッズの紹介

チケットや宿泊、服装にグルメ、グッズとこれまでのロッキン情報、いかがだったでしょうか? 今

記事を読む

南信州のワイナリーで見学ができ、レストランがあるところは?おすすめを紹介。

40を超えるワイナリーがあり、国内でも大きな勢力を誇るワイナリー県、長野。官民を挙げてワイナリー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
しばらく更新お休みします。

morigasuki.netでは、山、本、温泉や特定地域などについ

南信州のワイナリーで見学ができ、レストランがあるところは?おすすめを紹介。

40を超えるワイナリーがあり、国内でも大きな勢力を誇るワイナリー県

塩尻周辺のワイナリーで見学ができ、ワイン購入やレストランが楽しめるところは?おすすめを紹介。

40を超えるワイナリーがあり、国内でも大きな勢力を誇るワイナリー県

筑波山周辺のオススメ健康ランド6施設+αを順に紹介します!

筑波山周辺で、敢えて温泉ではなく健康ランドに入りたいという方のため

筑波山の麓からはちょっと遠い日帰り温泉7施設+αを順に紹介します!

筑波山の麓というわけではありませんが、ちょっと足を伸ばしたり、帰り

→もっと見る

PAGE TOP ↑