横浜観光スポットのおすすめとコースをご紹介します

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 グルメ(Gourmet), 旅行(Travelling)

横浜観光スポットといえば、中華街、元町から赤れんが倉庫、山下公園、港の見える丘公園、外人墓地、ズーラシア、三溪園、八景島、みなとみらい21…

ありすぎて、1日で回るにはかなり無理があります。

スポンサードリンクス




できれば、1スポット、1エリアごとに分けて1日フルに使いましょう。
効率のよいスポットとコースを、それぞれ2つご紹介し、便利な周遊チケットなどもお知らせします。

10 (photo photoAC)

1.スポット

①八景島シーパラダイス

(photo pixabay )

特に夏は絶対はずせないスポットです。
趣向をこらした4つの水族館や、ずぶ濡れ必至のウォーターパーティ、スプラッシュシート、アクアライドなどなど、一日中絶叫と笑いが止まらない、まさにパラダイスです。

レストランも充実していて、おしゃれなカフェもあります。

なんと、結婚式もあげられるんですよ。
さらに、ホテル「シーパラダイスイン」も併設しています。

神奈川県横浜市金沢区八景島 TEL 045-788-8888
料金:大人・高校生5,050円/小・中学生3,600円/幼児(4才以上)2,050円/シニア(65才以上)3,600円

スポンサードリンクス

②よこはま動物園ズーラシア

動物好きな人やお子様連れに大人気のズーラシア。
2015年に動物展示ゾーンすべてがオープンし、世界中の動物を間近に見ることが出来ます。

ここの特徴はサファリパークのように、各動物が実際に住む地域の環境に近づけてあることと、柵がないこと。
その代わりに溝を掘ってあるので危険はありません。

市営なので利用料金がお手頃なのも魅力です。

横浜市旭区上白根町1175-1 TEL 045-959-1000
料金:大人800円/中人300円/小人200円

2.コース

①中華街~山下公園~元町~港の見える丘公園~外人墓地コース

まずは中華街で腹ごしらえ。だいたいのレストランが11時オープンなのでもっと早くから動けるなら、山下公園を先にしてもいいです。

バイキング(ビュッフェ)の大流行で、客引きがすごいのですが、客引きに割引と誘われ食事したら、会計の時「そんな事は知らない」などと言う悪徳レストランが増えています。リサーチはしっかりとしましょう。

このコースではカップヌードルミュージアムが大人気です。
今はカップヌードルは世界的知名度。国内外からたくさんの観光客が訪れ、自分オリジナルのカップヌードルを作っています。

またミュージアム内には、子供が遊べるアスレチック施設や、世界のヌードルがワンコイン以内で食べられるバザール、そして港を見ながら休めるデッキなどがありますので、長時間過ごすことが出来ます。

元町は中華街の横にある通りでKITAMURAやポンパドール本店がある、地元民に古くから愛されて来た華やかな商店街です。

また、元町はずれから急な坂を上がると港の見える丘公園や外人墓地、教会など異国情緒がたっぷりあり、デートコースにも最適です。

②シーバス(横浜東口)~(みなとみらい21)~赤レンガ倉庫~みなとみらい21コース

横浜駅東口から出ているミニクルーズ船シーバスで、海風に吹かれながら、みなとみらい経由、赤レンガ倉庫へ行ってみるのもステキです。

赤レンガ倉庫近くの船着場で降りたら、赤レンガ倉庫~ワールドポーターズ~よこはまコスモワールド~日本丸メモリアルパーク~ランドマークタワーを散策するコースはいかがでしょう。

赤レンガ倉庫は、冬はスケートリンク、夏はオクトーバーフェストなど、年中何かしらのイベントをやっています。
また近くの、「マリンアンドウォーク横浜」でおいしいランチをすることもできます。

3.各スポットとコースをまわる便利な観光バスや周遊チケット

横浜市営バスから、定期観光バスが運行しています。

ベイサイドを回る観光定番コースや、横浜の歴史を巡る開港コースなどがあります。

それぞれ3~4時間のコースで、効率的に観光したい方におすすめです。
大人2,900円、子供1,250円です。

ほかにも観光スポットを周遊するバス「あかいくつ」や、市営バス・市営地下鉄・「あかいくつ」全線が1日乗り放題のお得な乗車券「みなとぶらりチケット」、「みなとぶらりチケット」に新幹線が止まる新横浜駅の乗り降り自由もセットにした「みなとぶらりチケットワイド」もあります。

バスや鉄道のルートは限定されていますが、ちょっと疲れた時、短い区間利用することもできます。うまく利用して下さいね。

あかいくつ:大人100円/小児50円。ルートにより15~40分間隔で出発
みなとぶらりチケット:大人500円/小児250円。
みなとぶらりチケットワイド:大人550円/小児280円。

スポンサードリンクス

関連記事

西表島の観光でおすすめの生きもの観察

西表島は、島の成り立ちの歴史から、この地域固有の動植物がたくさんいます。 島にある3つの山(古

記事を読む

サンクトペテルブルクの観光(市内めぐり編)

「サンクトペテルブルグ」といえば、北欧フィンランド湾に面するロシア西部の芸術都市で、かつての帝政

記事を読む

焼き飯とチャーハンの違いは何?ピラフやパエリアとも違うの?

焼き飯とチャーハン。 似ているようで違うもの。 特に、専門店で食べると全く違うんです

記事を読む

白馬の冬はスキーだけじゃない、それ以外の遊びをご紹介します(キッズ編)。

前編に続いて、白馬周辺で、冬の子供たちの遊びとして、白馬五竜スキー場 「キッズワンダーランド」な

記事を読む

木曽駒ヶ岳の全登山ルート11通りを紹介 片道20分から!初心者でも行ける日帰りや山小屋泊の行程

長野県宮田村にある木曽駒ヶ岳は標高2,956m、中央アルプスの最高峰です。花の名山としても知られ

記事を読む

梅干しのカロリーは?本当に健康に良いの?酸っぱくないのでもOK?

「梅干し」=健康に良いと言われていますが、いったい何が良いのでしょう。 あの酸っぱさが苦手

記事を読む

ロッキングッズ アーティストやオフィシャル物を効率よく手に入れる方法

フェスには楽しみがたくさんあります。当日会場に行って、アーティストの音楽を楽しむことだけではあり

記事を読む

Hakuba Onsen, Japan, 7 recommendations

There are many quality Onsens in Hakuba area. Bu

記事を読む

ひたちなか海浜鉄道へのアクセスから魅力まで!

世の中、もっと便利に、もっと早く、という空気が流れていますが、ゆっくりしたい時だってありますよね

記事を読む

最初のイリオモテヤマネコ保護まで 発見からの経緯

日本の西表島だけに生息するという珍しいヤマネコ「イリオモテヤマネコ」が発見されるまでには、食用に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高尾山の日帰り温泉、カフェ、ビアガーデン、そばや釣り堀などのおすすめを紹介します

高尾周辺の4つの温泉、カフェ、ビアガーデンやとろろそばなど、高尾山

恩田陸 蜜蜂と遠雷のあらすじ│4人のコンテスタントそれぞれの心情と背景そして演奏

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」は、国際ピアノコンクールで、4人の出場者(コ

宮尾登美子 蔵のあらすじ│過酷な運命を生き抜く女たちの物語

蔵は宮尾登美子の代表作で、越後の国の蔵元を舞台に、盲目となる少女・

中島敦 名人伝のあらすじ│名人とは何か? 中島敦の遺した寓話

名人伝は1942年12月に発表された作品で、中島が同じ月の4日に死

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

→もっと見る

PAGE TOP ↑