スウェーデンのオーロラはキルナへ。観光も楽しめます。

公開日: : 最終更新日:2018/02/11 スウェーデン(Sweden), 北欧(North Europe), 旅行(Travelling)

あなたが人生で一度は見てみたいものに「オーロラ」はありますか?

実はオーロラは日本でも見られますが(!)、肉眼で見たいなら、お勧めの場所は北欧スウェーデンのキルナ

飛行機で一気にキルナへ!も良し、飛行機とのんびり寝台列車の旅を組み合わせてキルナを目指すも良し!など等、自分らしい旅を楽しみながら、北極圏を目指しましょう。

そしてキルナに着いたら周辺でオーロラを見て、さらに町を拠点に様々なアクティビティも楽しむことができるのです。

スポンサードリンクス




1.本当?日本でも見られるオーロラ

寒い時期になると、テレビの旅番組などでもよく取り上げられるオーロラ。
実は日本でも見られるところがあったのです。

そこは北海道の陸別町というところで、「オーロラの見られるところ」として知られています。
北欧などで出現したオーロラの南端がここで見られるという事です。

しかし、ここで見られるのは「低緯度オーロラ」というもので、かなり条件がそろった時にしか出現せず、しかも肉眼で見て確認することが難しいため、カメラなどの撮影機器によりその存在が分かる、というケースが多いらしいのです。

スポンサードリンクス

2.オーロラは見どころ満載の北欧スウェーデンへ

4-1 northern-lights-225445_640

となると、確実にしかも肉眼で見える遠い外国に行くしかありません。
なんとなく、自分には無理だなあ、と思いがちですが、せっかくなので行ってみましょう、絶対にいい経験になりますよ!

行先を選ぶのなら、スウェーデンが絶対にお勧めです。なぜなら、オーロラに加え、見所がたくさんあるからです。

今日、日本でもスウェーデンは少しずつ身近になってきていますが、イケアやH&M等のお店はスウェーデン発祥であること、ご存知でしたか?また、北欧風のインテリアも今では特集が組まれるくらい私たちの生活を潤していますね。

スウェーデンでは、オーロラプラスアルファで、スウェーデン発祥のブランドやインテリアを通じて、スウェーデンのライフスタイルを体感できます。その時期ならではデコレーションを目にすることもでき、北欧に来たことを肌で実感することでしょう。せっかく行くのですから、欲張りたいですね。

スウェーデン国内にはいくつか空港がありますが、やはりメインはアーランダ空港です。首都ストックホルム郊外にあるこのアーランダ空港をまずは目指すと良いでしょう。成田からは様々な航空会社の飛行機がここに就航しています。経由便、直行便といろいろありますので、自分の日程に合わせた選択ができるでしょう。

時間にかなり余裕がある方なら、隣国デンマークの首都にあるコペンハーゲン空港に行く飛行機に乗り、そこから列車で旅をする、という方法もあります。筆者はこれでオーロラを見に行きました。列車を乗り継ぎ、変わりゆく車窓からの景色を見ながら、北部に位置するキルナを目指しました。

3.なぜキルナへ?

最初の到着地がアーランダ空港でもコペンハーゲン空港でも、その次に目指すところは、スウェーデン北部の「キルナ」というところをお勧めします。オーロラの時期、場合によっては、成田→キルナの直行便があるかもしれませんが、日本発着の団体ツアー限定便だったりするので、実際に行くと決まったら、いろいろとリサーチし、最新情報を得ることが先決です。

スウェーデンは日本と同じく縦に長い国土を持っています。もちろん、冬は北に行くにつれて寒くなります。こんなところに人が住んでいるの?!と失礼ながらも思ってしまいますが(私は最初思ってしまいました!)、はい、もちろん住んでいます。私が実際に行って確認しています。

キルナは、スウェーデンの最北部にある都市です。地図をみるとお分かりになるでしょうが、ストックホルムから遥か遠くにあります。

4.Ignacio García 5330247437_01801940f5_z 夜のキルナ教会 Photo by Ignacio García

ちなみに、街中にはホテルやスーパーなどもありますし、教会もあります、市役所もあります。小さい市なのですが、オーロラを観測するためには、やはり外せない場所なのです。

キルナの夜は非常に暗くなります。オーロラは夜、暗い空に現れる自然現象なので、何が何でも暗くないといけません。暗いと言っても日本の都会の夜のようではいけません。人工的なあかりがほとんどない、のが理想なのです。

そう考えると、キルナは宿泊地あり、スーパーあり、夜は暗い、と条件がそろっています。オーロラの観測は夜です。寒い中郊外に行き、きれいなオーロラを見て明け方に疲れて帰ってきたら、あとは部屋でゆっくり休みたくなります。

キルナでは、ホテルでゆったりと休んだり、小腹が空いたからちょっと買い出しに行ったり、そこでスウェーデンのお菓子を、お土産についで買いしたり、店員さんと世間話をしたりということなどが簡単にできる町なのです。

キルナは市内からでもオーロラ観測ができるところなので、ホテルによっては、わざわざ寒い屋外に行かなくてもあたたかい場所で見られるような設備を備えているところもあります。至れり尽くせりですね。もちろん、本場に来たのだから防寒して外で見る!というのもいいことです。

スポンサードリンクス




4.北極圏を車窓に眺めながらの列車の旅がお勧め。

ストックホルムからキルナへは、飛行機もしくは夜行寝台列車が一般的です。また、デンマークコペンハーゲンを利用した場合は、空港からすぐに電車に乗ることができます。

これはとても便利。デンマークとスウェーデンを結ぶ長い橋を渡り、スウェーデン側の玄関口マルメやルンドといった南部の都市を通過し、首都のストックホルムを経由して、キルナまで、寝台列車で移動することもできます。

寝台列車の場合、スウェーデン国鉄(SJ)を利用することになりますが、日本を発つ前にチケットを購入することもできます。車中では、どこまでも続く針葉樹林の森を目にし、時には凍てつく樹氷の木々をみたりと、変化に富んだうつりゆく景色を楽しむことができます。

5.不意打ちされたオーロラ初体験は、意外な場所で

ちなみに私がスウェーデンでオーロラを見たのは、なんとキルナへ向かう電車の車窓からでした。オーロラの季節にはちょっと早いかなあ、と思っていたのですが、隣に座っていたスウェーデン人から「あれがオーロラだよ!」と教えられたのです。

4-5 northern-lights-225449_640

私は「ええ?!」とわが目を疑いました。キルナはまだまだ先だったのです。つまり、ストックホルムを出てかなり北上はしていたものの、まだそこまで北部まで来ていなかったのです。しかし、本当に見えました。規模は小さかったものの、ひらひら揺れ動く、カーテンのようでした。電車の中がちょっと明るかったので、自分のコートを頭にかぶせ、周りを暗くして見たことを覚えています。

そんな状況でも見えたのですから、キルナに来たら、条件さえそろえばきれいな大迫力のオーロラが見えるのです。

スポンサードリンクス




6.見どころや現地ツアーもたくさん すべてはキルナから!

キルナの街には、すばらしい木造建築のキルナ市役所があり、市民でなくても自由に入れるので、一見の価値があります。ちょっとしたカフェもあり、北欧のインテリアに囲まれながらすばらしい時間が過ごせます。また、美しい建築のキルナ教会(Kiruna Kyrka)もあります。

4-6(2)

4-7(2)

オーロラ観測と並んでよく耳にするのは、犬ぞり体験ですね。これもスウェーデンに来たからこそできる体験の一つでしょう。

でも、これだけではありません。他にもスウェーデンの伝統的な食材を味わえるオーロラバーベキューや、スノーモービルオーロラツアー、そして夜犬ぞりでオーロラを見に行くツアーもあります。また、キルナから50㎞ほど離れたアビスコという街までスノーモービルを使って移動し、オーロラを見に行くツアーなんかもあります。もちろん、アビスコに位置を決めて、そこで夜間オーロラを見るツアーもあります。

キルナとアビスコはとても近い位置にあり、両者はスウェーデンのオーロラ観測地点としてはとても有名な場所ですし、キルナはアビスコや、その他のオーロラ観測地点ユッカスヤルヴィなどにも移動する際にとても便利な場所です。

ユッカスヤルヴィは、物も、宿泊する部屋もそして寝るためのベッドも、その上バーのグラスまでも全てが氷でできているアイスホテルがあるところです。

7.まとめ

スウェーデンでは夏の日照時間がとても長く、3時くらいに日が出て、22時くらいが日没です。北部では皆さんもご存知の「白夜」が存在します。
一方で11月から3月の冬の時期には、太陽がまったく昇らない時期もあります。

日本の冬も寒いですが、スウェーデンはもっと寒いです。北に行けば毎日零下は当たり前。そして、日照時間がかなり短くなってきますので、朝が来ても曇り空のような、どんよりした空が広がります。
日本はどんなに寒くても、お天道様が出ない季節はありませんよね。

こんなふうに想像していくと、なんとなくオーロラの旅が身近になったような気がしますね。
こんな寒い中、いや、もっと寒い中真夜中に観測をするのです。見えた瞬間、すべてが報われるでしょう。
そして、来てよかった!と思う事でしょう。

あの感動をあなたにもお伝えしたい。
ぜひ、オーロラはスウェーデンで!

スポンサードリンクス

関連記事

白馬の冬はスキーだけじゃない、それ以外の遊びをご紹介します(キッズ編)。

前編に続いて、白馬周辺で、冬の子供たちの遊びとして、白馬五竜スキー場 「キッズワンダーランド」な

記事を読む

北欧の家 スウェーデンでは家を2つ持つ

あなたにとって「家」はどんな場所ですか? 家族と団らんするところ、自分の趣味を楽しむ所、好

記事を読む

ロッキン タイムテーブルの合間を縫って食事編

フェスの楽しみは、好きなアーティストの音楽を聴いたり、これまで熱をいれてなかったアーティストの新

記事を読む

大井沢の釣りとそば、そしてチェリーランドを巡った夏の思い出

過ぎ去った夏の思い出。。。 寒河江川は、秋の深まり。 僕たちは大自然に抱かれ、魚を追

記事を読む

ひたちなか祭りの花火観覧場所、駐車場選びなど

ひたちなか祭りは、JR勝田駅周辺で行われる夏の祭典。今年の開催まであと少しです! そこで、

記事を読む

利尻山の登山コース全4つ 利尻富士は一度は目に焼き付けたい美しさ!

「まるで島が山なのか、山が島なのか・・」 日本百名山の著者深田久弥は船から利尻山を見て、そう表

記事を読む

ノルディックウォーキングの効果 北欧生活で感じたこと

日本ではノルディックウォーキングが静かに流行しています。 森林浴のため、健康維持のため、病後の

記事を読む

ニュージーランドのお土産にはマヌカハニーをお勧め

旅の楽しみの一つがお土産選び。職場に、友人に、もちろん自分へのお土産も忘れずに。 ニュージ

記事を読む

日光男体山の登山ルート4つ紹介 修験者の山、そして良縁もゲット!?

男体山(なんたいさん)は、標高2486m。 栃木県日光市にあり、麓の中禅寺湖畔には現在でも使用

記事を読む

飯田市の観光、絶対おすすめスポットをご紹介

長野県飯田市は、江戸時代には飯田藩の城下町として栄え、今もその面影を残す土地です。 人形浄

記事を読む

Comment

  1. […] つけたので、勝手にリンクを貼らせていただきました。 http://morigasuki.net/archives/600.html […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中島敦 名人伝のあらすじ│名人とは何か? 中島敦の遺した寓話

名人伝は1942年12月に発表された作品で、中島が同じ月の4日に死

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つで

→もっと見る

PAGE TOP ↑