ひたちなか海浜鉄道へのアクセスから魅力まで!

公開日: : 最終更新日:2018/02/12 旅行(Travelling)

世の中、もっと便利に、もっと早く、という空気が流れていますが、ゆっくりしたい時だってありますよね。

どこか行ったことのない場所に時間を気にせずに出かけたい。。。そんな時にひたちなか海浜鉄道湊線で、ローカル線の旅はどうでしょうか?

ただ電車に乗るだけではありません。
カメラ片手に散策をセットにした一日を過ごすのです。

とっても短い距離に、里山から海辺までギュッと詰まったひたちなか海浜鉄道の魅力をお伝えします。

スポンサードリンクス




その1.短い距離に魅力が満載、JR勝田駅からスタート!

たった14.3キロの距離しかないこの路線。それがひたちなか海浜鉄道湊線。

東京から特急に乗って1時間半ほどでJR勝田駅に到着したら、ホームを移動してひたちなか海浜鉄道に乗りつぎます。さあ、旅の始まりです。

2-1

ひたちなか海浜鉄道は14.3キロ、駅数は10というとてもちいさなローカル線です。路線の利用者は、沿線の人が多く、朝晩は通学通勤の人でにぎわっています。しかし、その時間帯をすぎてしまうと、のんびりとした時間が列車内に漂います。

私が乗った時もそうでした。レトロなカメラを首から下げている人、最新のデジカメを手にしている人などがちらほら乗っている程度でした。

ラッシュアワーを過ぎてしまえば、カメラ好きにはぴったりの、自分ペースの旅ができる、それがひたちなか海浜鉄道湊線なのです。

スポンサードリンクス

その2.各駅に魅力が満載!

最初の駅に着いたらまずは時刻表を手に入れましょう。そして大まかな乗り降り計画を立てるのです。ここでのポイントは、「無理しないこと」。せっかく旅に来ているのですから、あくせくしないで車窓の景色を楽しんだり、途中下車をして町中散策を楽しみましょう。

駅名を紹介します。
勝田駅→日工前→金上→中根→高田の鉄橋→那珂湊→殿山→平磯→磯崎→阿字ヶ浦
この10駅です。

車内からは、豊かな里山の景色が楽しめます。田んぼもその季節によって表情を変えます。田起こし、水入れ、田植え、そして頭を垂れた黄金の稲穂、といつ来ても写真の素材に困ることはありません。

路線名に「海浜鉄道湊線」とあるように、この列車はどんどん海の方へと向かって行きます。終点阿字ヶ浦に近づくにつれて、港や磯という字が駅名に使われているのも趣があります。

各駅には駅名標があります。現在の駅の名前と、その前後の駅の名前が書かれているあれです。それがとってもユニークなのもこのひたちなか海浜鉄道湊線の特徴です。一周見ただけでは「これは何?」と思うものも中にはあり、すべての駅名標を撮り集める写真の旅もおもしろいと思います。

2-2

比較的な大きな駅は「那珂湊」駅です。

ここでは必ず降りて、町中を歩いてください。徒歩で十分歩ききれる距離のコンパクトな町で、たくさんの発見ができることでしょう。商店に入って店主と話をしても良いですし、歴史あるものを見つけて写真におさめるのも良いでしょう。

有名な「那珂湊おさかな市場」への最寄駅はこの那珂湊駅ですが、私のお勧めは、いったん、終点の阿字ヶ浦駅まで行って降りてから、海沿いを散策して、那珂湊おさかな市場までくるルートです。

阿字ヶ浦駅から那珂湊おさかな市場までは5kmほど海岸沿いを歩きます。途中には平磯海岸もありますし、お時間のある方は、ウォーキングの運動がてら、試してみてください。

2-3

2-4

「那珂湊おさかな市場」では、おいしい回転寿司、レストランなどがあります。
旅の楽しみの一つは食事ですよね。歩き疲れた体を休めながら、お腹いっぱいおいしい海産物をお召し上がりください。

2-5

その3.列車そのものにも魅力が満載

乗るのも楽しいし、止まっているのを撮るのも楽しい。それが列車の旅の醍醐味。

休日になると、沿線にはたくさんのカメラ愛好家が集まります。
列車に乗っていると分かるのですが、窓から外を見ていると、撮影ポイントがあるのでしょう、そこに数十人が集まって三脚に乗せたカメラを覗いている姿が目に入ります。
季節の花と写真を組み合わせたり、田んぼの水面に映る列車を撮影したり、と一人一人楽しみ方は違うようです。

さて、ひたちなか海浜鉄道で走っている列車は一言で言うと「レトロ」です。それが撮影者の心を掴むのでしょう。
車両はいくつかあるのですが、床が板張りのものなどもあり、これは乗った人にだけ分かるレトロさ。
この平成の時代に板張りってすごいですよね。

また、兵庫県の三木鉄道で使われていた車両を購入し、塗装も車両番号もそのままで運航しているものもあります。ミキ300-103を見つけたら、それが兵庫県からやってきた車両です。

他にも比較的新しいものですが、車両番号キハ3710というのもあります。
勘のいい方ならお気づきになられたでしょう。3710は「ミナト」なのです。こういうところが心をくすぐりますね。

なお、どの車両がどの時間を走っているのかは行ってみて、乗ってみてのお楽しみです。
2-6

2-7

その4.最後に

もっと便利に、もっと早く、という空気が世の中流れていますが、いつもこれでは疲れてしまいます。

週末位はゆっくりしたいけど、でもどこかに出かけてみたい。そんな時にぜひこのひたちなか海浜鉄道湊線に乗載ってみてください。

2-8

都内からも簡単に来られて、そして日帰りでたくさん満喫できます。

頭の中を空っぽにして、そこに広がる風景で心の洗濯、してみてください。

スポンサードリンクス

関連記事

マオリのハカの意味やハンギなど、歴史や文化に触れるNZ観光

NZと言えば何を想像しますか? ヒツジ、マオリ、ラグビーのオールブラックスなんかが思い浮か

記事を読む

太宰治 津軽のあらすじ│人々との明るい交流が感じられる作品

太宰治「津軽」のあらすじをお届けします。 数ある太宰の作品の中でも「津軽」は高い評価を受け

記事を読む

ロッキンの宿泊、おすすめや穴場を紹介! 前篇

ロッキンの宿探しはとにかく早くがベスト。 宿の場所は、開催場所である「ひたち海浜公園」から

記事を読む

飯田市の観光、絶対おすすめスポットをご紹介

長野県飯田市は、江戸時代には飯田藩の城下町として栄え、今もその面影を残す土地です。 人形浄

記事を読む

ニュージーランド旅行をおすすめする理由 いろいろ都合がいい点を紹介

長い休みが取れそうだからどこにいこうかな、と旅の行先を考えるのってとても楽しいですよね。迷ってい

記事を読む

大井沢の釣りとそば、そしてチェリーランドを巡った夏の思い出

過ぎ去った夏の思い出。。。 寒河江川は、秋の深まり。 僕たちは大自然に抱かれ、魚を追

記事を読む

ニュージーランドのお土産にはマヌカハニーをお勧め

旅の楽しみの一つがお土産選び。職場に、友人に、もちろん自分へのお土産も忘れずに。 ニュージ

記事を読む

百里基地航空祭 駐車場で困らないために知っておきたいこと

百里基地航空祭といえば、毎年秋に開催されている航空自衛隊のお祭りです。航空機ファンや自衛隊ファン

記事を読む

利尻山の登山コース全4つ 利尻富士は一度は目に焼き付けたい美しさ!

「まるで島が山なのか、山が島なのか・・」 日本百名山の著者深田久弥は船から利尻山を見て、そう表

記事を読む

ロトルア 温泉、観光や間欠泉 郊外編

ロトルアは、見どころがたくさんあり、中心部、郊外共に人気のある観光地です。 郊外へはレンタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

宮尾登美子 蔵のあらすじ│過酷な運命を生き抜く女たちの物語

蔵は宮尾登美子の代表作で、越後の国の蔵元を舞台に、盲目となる少女・

中島敦 名人伝のあらすじ│名人とは何か? 中島敦の遺した寓話

名人伝は1942年12月に発表された作品で、中島が同じ月の4日に死

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

→もっと見る

PAGE TOP ↑