ひたちなか海浜鉄道へのアクセスから魅力まで!

公開日: : 最終更新日:2018/02/12 旅行(Travelling)

世の中、もっと便利に、もっと早く、という空気が流れていますが、ゆっくりしたい時だってありますよね。

どこか行ったことのない場所に時間を気にせずに出かけたい。。。そんな時にひたちなか海浜鉄道湊線で、ローカル線の旅はどうでしょうか?

ただ電車に乗るだけではありません。
カメラ片手に散策をセットにした一日を過ごすのです。

とっても短い距離に、里山から海辺までギュッと詰まったひたちなか海浜鉄道の魅力をお伝えします。

スポンサードリンクス




その1.短い距離に魅力が満載、JR勝田駅からスタート!

たった14.3キロの距離しかないこの路線。それがひたちなか海浜鉄道湊線。

東京から特急に乗って1時間半ほどでJR勝田駅に到着したら、ホームを移動してひたちなか海浜鉄道に乗りつぎます。さあ、旅の始まりです。

2-1

ひたちなか海浜鉄道は14.3キロ、駅数は10というとてもちいさなローカル線です。路線の利用者は、沿線の人が多く、朝晩は通学通勤の人でにぎわっています。しかし、その時間帯をすぎてしまうと、のんびりとした時間が列車内に漂います。

私が乗った時もそうでした。レトロなカメラを首から下げている人、最新のデジカメを手にしている人などがちらほら乗っている程度でした。

ラッシュアワーを過ぎてしまえば、カメラ好きにはぴったりの、自分ペースの旅ができる、それがひたちなか海浜鉄道湊線なのです。

スポンサードリンクス

その2.各駅に魅力が満載!

最初の駅に着いたらまずは時刻表を手に入れましょう。そして大まかな乗り降り計画を立てるのです。ここでのポイントは、「無理しないこと」。せっかく旅に来ているのですから、あくせくしないで車窓の景色を楽しんだり、途中下車をして町中散策を楽しみましょう。

駅名を紹介します。
勝田駅→日工前→金上→中根→高田の鉄橋→那珂湊→殿山→平磯→磯崎→阿字ヶ浦
この10駅です。

車内からは、豊かな里山の景色が楽しめます。田んぼもその季節によって表情を変えます。田起こし、水入れ、田植え、そして頭を垂れた黄金の稲穂、といつ来ても写真の素材に困ることはありません。

路線名に「海浜鉄道湊線」とあるように、この列車はどんどん海の方へと向かって行きます。終点阿字ヶ浦に近づくにつれて、港や磯という字が駅名に使われているのも趣があります。

各駅には駅名標があります。現在の駅の名前と、その前後の駅の名前が書かれているあれです。それがとってもユニークなのもこのひたちなか海浜鉄道湊線の特徴です。一周見ただけでは「これは何?」と思うものも中にはあり、すべての駅名標を撮り集める写真の旅もおもしろいと思います。

2-2

比較的な大きな駅は「那珂湊」駅です。

ここでは必ず降りて、町中を歩いてください。徒歩で十分歩ききれる距離のコンパクトな町で、たくさんの発見ができることでしょう。商店に入って店主と話をしても良いですし、歴史あるものを見つけて写真におさめるのも良いでしょう。

有名な「那珂湊おさかな市場」への最寄駅はこの那珂湊駅ですが、私のお勧めは、いったん、終点の阿字ヶ浦駅まで行って降りてから、海沿いを散策して、那珂湊おさかな市場までくるルートです。

阿字ヶ浦駅から那珂湊おさかな市場までは5kmほど海岸沿いを歩きます。途中には平磯海岸もありますし、お時間のある方は、ウォーキングの運動がてら、試してみてください。

2-3

2-4

「那珂湊おさかな市場」では、おいしい回転寿司、レストランなどがあります。
旅の楽しみの一つは食事ですよね。歩き疲れた体を休めながら、お腹いっぱいおいしい海産物をお召し上がりください。

2-5

その3.列車そのものにも魅力が満載

乗るのも楽しいし、止まっているのを撮るのも楽しい。それが列車の旅の醍醐味。

休日になると、沿線にはたくさんのカメラ愛好家が集まります。
列車に乗っていると分かるのですが、窓から外を見ていると、撮影ポイントがあるのでしょう、そこに数十人が集まって三脚に乗せたカメラを覗いている姿が目に入ります。
季節の花と写真を組み合わせたり、田んぼの水面に映る列車を撮影したり、と一人一人楽しみ方は違うようです。

さて、ひたちなか海浜鉄道で走っている列車は一言で言うと「レトロ」です。それが撮影者の心を掴むのでしょう。
車両はいくつかあるのですが、床が板張りのものなどもあり、これは乗った人にだけ分かるレトロさ。
この平成の時代に板張りってすごいですよね。

また、兵庫県の三木鉄道で使われていた車両を購入し、塗装も車両番号もそのままで運航しているものもあります。ミキ300-103を見つけたら、それが兵庫県からやってきた車両です。

他にも比較的新しいものですが、車両番号キハ3710というのもあります。
勘のいい方ならお気づきになられたでしょう。3710は「ミナト」なのです。こういうところが心をくすぐりますね。

なお、どの車両がどの時間を走っているのかは行ってみて、乗ってみてのお楽しみです。
2-6

2-7

その4.最後に

もっと便利に、もっと早く、という空気が世の中流れていますが、いつもこれでは疲れてしまいます。

週末位はゆっくりしたいけど、でもどこかに出かけてみたい。そんな時にぜひこのひたちなか海浜鉄道湊線に乗載ってみてください。

2-8

都内からも簡単に来られて、そして日帰りでたくさん満喫できます。

頭の中を空っぽにして、そこに広がる風景で心の洗濯、してみてください。

スポンサードリンクス

関連記事

百里基地航空祭 駐車場で困らないために知っておきたいこと

百里基地航空祭といえば、毎年秋に開催されている航空自衛隊のお祭りです。航空機ファンや自衛隊ファン

記事を読む

サンクトペテルブルクの観光(市内めぐり編)

「サンクトペテルブルグ」といえば、北欧フィンランド湾に面するロシア西部の芸術都市で、かつての帝政

記事を読む

オークランド観光のおすすめ スカイタワー、ワイナリーツアーやファーマーズマーケットなどを紹介

ファーマーズマーケット、スカイジャンプ、ワイナリーにシーフード、オークランドを観光で訪れる目的は

記事を読む

海外旅行のお土産で失敗しないために。通販やリストを利用して快適にそろえよう

お土産を選ぶこと。 それは楽しい時間ですが、旅行中頭のどこかで常に気に留めるとなると、ちょっと

記事を読む

ゴゼンタチバナの大群落! 北海道川湯温泉周辺の原生林

本州では2000m級の山まで標高を上げないと見られないゴゼンタチバナ。 北海道の東側では、寒冷

記事を読む

天竜川漁協 太田切川の釣り 家族は早太郎温泉と遊びに誘導しましょう!

長野県の南信地方にある天竜川漁業協同組合(以下、天竜川漁協)管内の、太田切川の釣りを紹介します。

記事を読む

スウェーデン旅行の注意点 日本から持参して役に立つ物

旅行を計画し、いざパッキング開始! 利用する航空会社を決めたら、預け入れと機内持ち込みの荷

記事を読む

太宰治 津軽のあらすじ│人々との明るい交流が感じられる作品

太宰治「津軽」のあらすじをお届けします。 数ある太宰の作品の中でも「津軽」は高い評価を受け

記事を読む

ツシマヤマネコの飼育、守る会、動物園や保護の現状、特徴などと守るためにできること

ツシマヤマネコは、長崎県の対馬にのみ生息しているヤマネコで、今では絶滅危惧IA類に分類されていま

記事を読む

フェスの服装 女の子の5つのチェックポイントをロッキンを例に説明

チケットは手に入れたし、宿泊先の確保もOK、移動手段も確認済み!さあ、それでは次に服装や持ち物の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つで

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメ

ゴーゴリ 鼻のあらすじ│小市民的なユーモアへの憧憬

『鼻』は1835年、ゴーゴリ26歳の時に上梓された作品である。

ベネチアングラスの値段や偽物の見分け方、保証書についてのお話

イタリア土産として大人気のベネチアングラス。ベネチアに足を踏み入れ

ベネチアングラスとは。ムラーノ島を中心に1000年の歴史を持つベネチアの栄華の象徴

ベネチアングラスはベネチアのムラーノ島を中心に作られる工芸品で、4

→もっと見る

PAGE TOP ↑