トムテとニッセって妖精?北欧スウェーデンのクリスマスを徹底解説!

公開日: : 最終更新日:2018/03/09 クリスマス(Christmas), ショッピング(Shopping), 生活(Life)

トムテ?
ニッセ?

日本では馴染のない言葉ですが、北欧ではとっても大切な存在。
トムテとニッセの違いや役割を紹介しましょう。

スポンサードリンクス




1.何者?トムテとニッセは違うの?

トムテ、そしてニッセ。何者なのでしょうか?

実は、この二つは同じ者なのです。
者ではなく、同じ人と言っても良いでしょうか?!

スウェーデン語では、「トムテ」、そしてノルウェー語、デンマーク語では「ニッセ」と言います。一部スウェーデン南部でも「ニッセ」と呼ぶエリアもあるのですが、これは、地理的要因が影響していると考えられます。
スウェーデン南部は、橋で隣国デンマークに行けるくらい二か国間が隣接しているのです。

スウェーデン、デンマーク、そしてノルウェーの北欧三カ国ではクリスマスにこのトムテやニッセが大活躍します。

5-1(photo pixabay)

イメージとしてはこの写真の感じです。中央でスキーを履いている人ではなく、その右側にいるヒトにご注目ください。

「サンタクロース?」

はい、正解でもあり不正解でもあります。

スポンサードリンクス

スウェーデンでは「ユールトムテ」

スウェーデン語でクリスマスの事を「ユール」と言い、サンタクロースの事は「ユールトムテ」と言います。日本でお目にかかるサンタクロースと同じような感じで、ユールトムテは子どもたちにプレゼントを配ります。

一方デンマークでは、ニッセはサンタクロースに替わってプレゼントを届ける人とされています。基本的には人の目に見えません。しかし、見えるときには髭を生やした老けた老人がもともとの姿だと言われています。

ですが、今ではかわいらしいニッセやトムテも登場しています。上記写真の中央のような小人がそうです。そう考えると、日本でも見たことがあると思います。

本来のトムテ、そしてニッセはクリスマスには関係なく、通年を通して存在しています。

民間伝承から生まれたトムテとニッセ

トムテもニッセも、北欧の民間伝承から生まれたものとされています。今回は、スウェーデンのトムテについて書きたいと思います。

トムテはとても働き者。彼らは農家の納屋に住んでいて、みんなが寝静まった後に納屋の掃除をしたり、家畜の世話をしたりします。そして、夜の間、納屋や母屋を守ります。

いつもきれいで家畜も元気な農家には、トムテがいると言われてきました。農家の守り神のような存在なのです。しかし、トムテは自分が大切にされていないと分かると、怒ったり悪さを働いたりして、この農家を出ていってしまいます。出ていかれた農家はさあ大変なことに!

ですから、トムテはとても大切にされました。

スポンサードリンクス




クリスマスイブは、トムテにとっても大切な日

日本では1月1日、新年を迎えるときが一年の中で特に大切な日とされていますが、北欧ではクリスマスが日本のお正月と同じくらいの位置を占めています。これは何も人間に限ったことではなく、トムテにとっても当てはまることなのです。

農家の人は、一年間の働きに感謝し、トムテに食事を出しました。そっと納屋に置いていつものように眠ると、トムテがこれを食べたのです。また、テーブルの上の御馳走を残しておく習慣もあり、これは夜起きているトムテもクリスマスのごちそうを食べられるように、という気持ちの表れなのです。

テーブルの上のごちそうはクリスマスディナー。とてもおいしいもので、たくさんの品数が並びます。そして納屋に置かれる食事は、ミルク粥。バターも入っています。

おかゆを食べる文化のある日本人なら「おかゆは塩気のあるもの」ですが、スウェーデンのおかゆはどちらかというと甘めです。そしてトムテが好むミルク粥は、名前の通り、牛乳の味がして、その上バターも入っています。

これはクリスマスにもちろん食べるものなのですが、今日では一年を通して、簡単にすぐに食べられるタイプのものも市場に出回っています。カップ麺ならぬ、カップミルク粥、といったところです。そして、甘いのでどちらかというと、デザート感覚とも日本人には捉えられるかもしれません。トムテは甘党さんなのかもしれませんね。

新しい宗教がスウェーデンに入ってきたことや、長年の年月を経てきたことなどから、トムテは今では「ユールトムテ」の方が身近になっています。しかし、もとのトムテはこのように、家を守ってくれる小さな小人だったのです。

その他のトムテ

クリスマスインテリアとしても身近なトムテですが、小説の中にもトムテはたくさん登場します。そこでは、「妖精」「小人」といった雰囲気で出ていることが多いです。

まず一つ目は、「ニルスのふしぎな旅」です。
テレビで放映された時期もありましたので、日本ではよく知られているお話です。作者はセルマ・ラーゲルレーフ。スウェーデン人です。

この話の中では、トムテは人間ニルスを小人に変えてしまいます。なぜなら、ニルスは納屋の動物たちを苛めてばかりいたからです。動物を大切にするトムテはこれを知り、ニルスの体を小さくしました。そしてそこから冒険が始まります。

二つ目は、「おもちゃ屋へいったトムテ」です。タイトルにトムテという言葉が出ています。
本物のトムテが、クリスマスに人形のトムテと間違って街のおもちゃ屋さんで売られてしまい、病気の男の子に元気をあげる物語です。

三つ目は、「もりのこびとたち」。スウェーデン語では「トムテボー バーネン」というタイトルで、「トムテ」という言葉が入っています。4人の小さなトムテが登場し、人間や危険な生きものから身を隠すために、毒キノコを帽子としてかぶっています。

これら二つの作家は、エルサ・ベスコフ。同じくスウェーデン人です。

全て日本語訳がされていますので、本屋で購入ができます。

5-2(photo pixabay )

2.まとめ

北欧を語るうえで忘れてはいけない存在がトムテやニッセ。
国による違いはありますが、どちらも民間伝承から生まれ、今日も人々の心に住んでいます。

一年中家を守り、1年に一回ご褒美をもらえるという伝統が残る一方、姿かたちを変え、かわいいアイテムとして窓辺に置かれるようにもなりました。
もしかしたら、トムテやニッセはあなたの家にもいるかもしれませんね。

スポンサードリンクス

関連記事

マヌカハニーとは。ハチミツとの違いには、月とすっぽんほどの差があった!

「マヌカハニー」は科学的にも黄色ブドウ球菌やピロリ菌などへの殺菌効果が証明されているはちみつです

記事を読む

電車の優先席マナー、守るのはどんな時?

疲れてるんだけど…でも座ったら白い目で見られるかなあ…。 お年寄りや妊婦,怪我や病気の人を

記事を読む

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメディアなどを通じて語られる、認

記事を読む

ニュージーランド ウェリントンの観光 押さえておきたい場所や見学ツアーなど

知っていますか? ニュージーランドの首都は、風の吹く街ウェリントンです。 この街は、政治

記事を読む

スイカって野菜?果物? 理由を知ってますか?

スイカが野菜? そうです、野菜です。 でも、甘いし果物売り場に売ってるし、果物でしょ?

記事を読む

インスタントコーヒー おすすめの人気商品6つの比較と、おいしい飲み方

インスタントコーヒーは個性がない、と思われているようで、実はかなり奥が深いもの。 産地名を

記事を読む

ベネチアングラスの値段や偽物の見分け方、保証書についてのお話

イタリア土産として大人気のベネチアングラス。ベネチアに足を踏み入れなくても、イタリアの大都市のお

記事を読む

焼き飯とチャーハンの違いは何?ピラフやパエリアとも違うの?

焼き飯とチャーハン。 似ているようで違うもの。 特に、専門店で食べると全く違うんです

記事を読む

スウェーデンのイケメンモデルは家事もできます!女子力男子の理由を探る

男は男らしく。 ある程度の世代の人であれば、これは当たり前の事でした。男なのだから泣くな、

記事を読む

ベネチアングラスとは。ムラーノ島を中心に1000年の歴史を持つベネチアの栄華の象徴

ベネチアングラスはベネチアのムラーノ島を中心に作られる工芸品で、4000年前の紀元前のシリアでの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

宮尾登美子 蔵のあらすじ│過酷な運命を生き抜く女たちの物語

蔵は宮尾登美子の代表作で、越後の国の蔵元を舞台に、盲目となる少女・

中島敦 名人伝のあらすじ│名人とは何か? 中島敦の遺した寓話

名人伝は1942年12月に発表された作品で、中島が同じ月の4日に死

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

→もっと見る

PAGE TOP ↑