動物占いで「猿」の相性(性格や恋愛)について調べてみました。

公開日: : 最終更新日:2018/02/13 占い(Fortune-telling), 恋愛(Love)

動物占いで猿の人は、行動力があって、相手のことをとても気遣い、そしてサービス精神が旺盛で、楽しませてくれるというような性格が浮かび上がります。

また、とても気さくで、褒められると頑張ってしまうタイプです。

また、恋愛・結婚の相性については、女性ではひつじの男性、男性ではライオン、ペガサス、ゾウといった太陽グループの女性がいいようです。

スポンサードリンクス




1.猿ってどんな人??

10-1 Photo by tor00722 FreeDigitalPhotos
Image courtesy of tor00722 at FreeDigitalPhotos.net


・今何考えてるかわかるし、正直、性格がとってもわかりやすいから、この先、自分の手のひらで転がしやすいわ
・こいつビビリやなー
・超小心者!
・なんか健気(けなげ)で可愛らしいから、悔しいけど憎めない。。。
・正直で無邪気な性格が好きだから、別れられないんだよ。。
・モノマネ最高!

あなたの身近にいる猿の人って、こんなタイプじゃないでしょうか。

大人なのに子供の心を持った大きな人。だからカワイイ。でも、ちょっと許せない!でも、やっぱり結局は許す!

そうなんです(^-^)。

また、妙にマニアックに細かな芸をして相手を喜ばせてみたり、頼んでもいないのに怒られた後に、家の隅っこを丹念に掃除していたり、、、、
あなたが落ち込んでいるときに、そわそわと周りをウロチョロしてくれたり、こまめにメールをくれたり、、、

これらはすべて自分なりのおもてなしや反省の姿を現すポーズです。

猿の人と付き合うと、ちゃんと仕事が続くのか不安になったり、将来、家族の大黒柱になれるのか心配だったりといったことがあるかもしれません。大局的な視点がなかったり、一人で荒波に漕ぎ出して困難を乗り越えるようなタイプではないので、頼りないと感じてしまうのです。

一方で、猿の人なりにあなたのことを、あなたの身の回りで一生懸命考えてくれている、そんな姿にウルウルとして、やられてしまうのです。

猿の総合的な性格としては、とっても乗せられやすくて、誰かに褒められたり、おだてられたりすると気分よく仕事を任されたり、勉強やスポーツを頑張ってみたり、お茶らけてみたりするということが挙げられます。

また、人が好きで誰かを喜ばせることに頑張ります。

別の言い方をすれば、相手のことを考えて一生懸命頑張る、無邪気さがあります。

大人になっても、けなげに相手のために頑張れる、そういう愛らしい無邪気さがあるのです。これは友人に恵まれ、楽しい人生を送るのに大きなメリットになります。

まとめると、猿の性格のポジティブな面としては
・相手のことを考えて一生懸命頑張るホスピタリティがある
・無邪気
・細かいことに気が付く

ではネガティブな面は何かというと、
・落ち着きがない
・褒められたり、乗せられないと頑張れない
・集中力が続かない
・大局観に欠ける
・割りと小心者

親しい相手に褒められたり、喜ばせたりといった動機がないと、頑張れないタイプが多いでしょう。

それは、相手が自分といて楽しいのか、つまらないと思っていないのか、そんなことを気にしてしまうので、過剰にサービス精神を発揮してしまうことでもあります。

ですので相手の顔色を見て行動することもあり、「頑張る」のと、「大好き」が違うように、頑張っていても、好きじゃない時があります。それでも頑張ってしまうのです。。。

また、じっとしてじっくり物事を考えるタイプではなく、なんでも短気に結果を求める傾向があります。

また、計算高かったり、誰かを出し抜いて勝ちたいといった行動はとりません。

加えて、性格として勝負事では勝ち負けにこだわるので、穏やかというわけではありません。勝負の結果が出て、一見おとなしそうに見えても、とっても悔しい思いをしているはずです。

また猿には、

・「レッド(のびのび組、落ち着きのない猿)」
・「オレンジ(はどはど組、気分屋の猿)」
・「ブラウン(どうどう組、どっしりとした猿)」
・「ブラック(ぐんぐん組、守りの猿)」
・「ブルー(いけいけ組、大きな志を持った猿)」
・「パープル(ごろごろ組、尽くす猿)」

の6つのカラー分類があります

このカラーを知ることで、上記の性格のうち、「ここは当てはまっているけど、ここは違う」「全然違うことが書いてある」といった、矛盾や違いにある程度、納得していただけることもあるはずです。

スポンサードリンクス

男性はどんな人?

簡潔に表すと、

「レッド(のびのび組、落ち着きのない猿)」の猿の男性は

「身体に恵まれ」、「頭脳明晰」であったり、「スポーツの世界で秀でて」いたりします。また、「自信家」の側面も持っています。

芸能人やスポーツ選手などでは、
タレントで元プロボクサーのガッツ石松さん(1949年6月5日)、歌手の奥田民生さん(1965年5月12日)、格闘家のボブ・サップさん(1973年9月22日)、歌手の氷川きよしさん(1977年9月6日)、ジャルジャルの福徳秀介さん(1983年10月5日)、俳優の永山絢斗さん(1989年3月7日)、俳優のエディ・マーフィーさん(1961年4月3日)、格闘家のアーネスト・ホーストさん(1965年7月11日)
などがいます。

「オレンジ(はどはど組、気分屋の猿)」の猿の男性は

「情に厚い」「気さく」「ユーモアがある」といった性格を持ち、相手が先輩や上司であれば、いつのまにか懐に飛び込み、部下からは頼れる人物として慕われるでしょう。

芸能人やスポーツ選手などでは、
タレントで映画監督のビートたけしさん(1947年1月18日)、タレントの笑福亭鶴瓶さん(1951年12月23日)、キャスターの古舘伊知郎さん(1954年12月7日)、サッカー選手の小野伸二さん(1979年9月27日)、千鳥の大悟さん(1980年3月25日)、AAAの浦田直也さん(1982年11月10日)、A.B.C-Zの橋本良亮さん(1993年7月15日)、俳優の高畑裕太さん(1993年9月13日)、Sexy Zoneの菊池風磨さん(1995年3月7日)
などがいます。

「ブラウン(どうどう組、どっしりとした猿)」の猿の男性は

「義理人情に厚い」「面倒見がいい」といった性格と、人間関係において相手の求めるところを察する気配りや、カンのような才能を持っています。そのため、人を相手にする職業についている人が多いのも特徴です。

芸能人やスポーツ選手などでは、
アニメ映画監督の高畑勲さん(1935年10月29日)、漫画家の永井豪さん(1945年9月6日)、作家の北方謙三さん(1947年10月26日)、漫談家の綾小路きみまろさん(1950年12月9日)、タレントの笑福亭笑瓶さん(1956年11月7日)、ネプチューンの名倉潤さん(1968年11月4日)、SMAPの稲垣吾郎さん(1973年12月8日)、俳優の安田顕さん(1973年12月8日)、ゴスペラーズの安岡優さん(1974年8月5日)、お笑い芸人のバカリズムさん(1975年11月28日)、NEWSの山下智久さん(1985年4月9日)、GENERATIONSの数原龍友さん(1992年12月28日)、映画監督のジョージ・ルーカスさん(1944年5月14日)、歌手の故マイケル・ジャクソンさん(1958年8月29日)、レーサーのミハエル・シューマッハさん(1969年1月3日)、俳優のベン・アフレックさん(1972年8月15日)
などがいます。

「ブラック(ぐんぐん組、守りの猿)」の猿の男性は

いつも「向上心」を持ち、精神的に「活気があり」、非常に「努力家」で、立ち居振る舞いが品のある人が多いという特徴があります。

芸能人やスポーツ選手などでは、
俳優の故渥美清さん(1928年3月10日)、俳優の故藤田まことさん(1933年4月13日)、元プロレスラー・実業家・政治家のアントニオ猪木さん(1943年2月20日)、元ボクサーの輪島功一さん(1943年4月21日)、元サッカー選手・元参議院議員・解説者の釜本邦茂さん(1944年4月15日)、俳優の本木雅弘さん(1965年12月21日)、タレントの薬丸裕英さん(1966年2月19日)、俳優の保坂尚希さん(1967年12月11日)、サンドウィッチマンの伊達みきおさん(1974年9月5日)、ロバートの秋山竜次さん(1978年8月15日)、関ジャニ∞の村上信五さん(1982年1月26日)、俳優の綾野剛さん(1982年1月26日)、大相撲力士の白鵬さん(1985年3月11日)、俳優の小池徹平さん(1986年1月5日)、NEWSの増田貴久さん(1986年7月4日)、三代目J Soul Brothersの今市隆二さん(1986年9月2日)、俳優のアンディ・ガルシアさん(1956年4月12日)
などがいます。

「ブルー(いけいけ組、大きな志を持った猿)」の猿の男性は

「個性的」で、「創造性」が豊かな人で、明るく、機転の利く頭の回転の速さがあるのが特徴です。そのため、個人事業主やクリエイターなどの立場で創造力を働かせ、オリジナリティのある仕事をすることに向いています。
また、形式にこだわらない人なので、そのような人といると長く続くでしょう。

芸能人やスポーツ選手などでは、
元プロ野球選手・元プロ野球監督の長嶋茂雄さん(1936年2月20日)、タレントの稲川淳二さん(1947年8月21日)、歌手の忌野清志郎さん(1951年4月2日)、俳優の佐藤浩市さん(1960年12月10日)、ウッチャンナンチャンの内村光良さん(1964年7月22日)、音楽プロデューサーのつんくさん(1968年10月29日)、歌手で俳優の及川光博さん(1969年10月24日)、FUJIWARAの藤本敏史さん(1970年12月18日)、お笑い芸人の有吉弘行さん(1974年5月31日)、タレントのつるの剛士さん(1975年5月26日)、俳優の音尾琢真さん(1976年3月21日)、サッカー選手の田中マルクス闘莉王さん(1981年4月24日)、俳優の斉藤工さん(1981年8月22日)、KAT-TUNの田口淳之介さん(1985年11月29日)、Kis-My-Ft2の宮田俊哉さん(1988年9月14日)
などがいます。

「パープル(ごろごろ組、尽くす猿)」の猿の男性は

大局的な見地で物事を判断し、個人の好き嫌いで人や組織を動かさない人です。物事の良しあしを長期的なスパンで考えられます。また、争いごとを嫌い、人を和ませる包容力も持っています。

芸能人やスポーツ選手などでは、
タレントの三宅裕司さん(1951年5月3日)、タレントのグッチ裕三さん(1952年2月27日)、ミュージシャンの高見沢俊彦さん( 1954年4月17日)、タレントの柳沢慎吾さん(1962年3月6日)、お笑い芸人の三村マサカズさん(1967年6月8日)、お笑い芸人の天野ひろゆきさん(1970年3月24日)、お笑い芸人の原田泰造さん(ネプチューン1970年3月24日)、俳優の森崎博之さん(1971年11月14日)、ボクサーの内藤大助さん(1974年8月30日)、嵐の大野智さん(1980年11月26日)、関ジャニ∞の渋谷すばるさん(1981年9月22日)、はんにゃの川島章良さん(1982年1月20日)、俳優の松山ケンイチさん(1985年3月5日)、アナウンサーの辻岡義堂さん(1986年6月28日)、ジャニーズWESTの中間淳太さん(1987年10月21日)、Kis-My-Ft2の二階堂高嗣さん(1990年8月6日)、俳優の工藤阿須加さん(1991年8月1日)
など、豪華な方々が並んでいます。

スポンサードリンクス




女性はどんな人?

「レッド(のびのび組、落ち着きのない猿)」の猿の女性は

明るくて、他の人の安らぎの場所になる人。お話を聞いてあげたり、頼みごとを聞いてあげたりと、親切な人でしょう。行動力がある強い女性でもあります。

芸能人やスポーツ選手などでは、
女優の南田洋子さん(1933年3月1日)、女優の黒木瞳さん(1960年10月5日)、バイオリニストの高嶋ちさ子さん(1968年8月24日)、女優の内田有紀さん(1975年11月16日)、マラソンランナーの野口みずきさん(1978年7月3日)、グラビアアイドルの杉原杏璃さん(1982年6月12日)、女優の浅見れいなさん(1983年6月7日)、バレーボール選手の栗原恵さん(1984年7月31日)、女優の成海璃子さん(1992年8月18日)、ももいろクローバーZの玉井詩織さん(1995年6月4日)
などがいます。

「オレンジ(はどはど組、気分屋の猿)」の猿の女性は

「さわやか」で「ボーイッシュ」、性格が「さっぱり」という特徴があります。またそこに美貌などが加わり、カリスマ的存在となる人もいます。

芸能人やスポーツ選手などでは、
ファッションデザイナーの森英恵さん(1926年1月8日)、芸能リポーターの東海林のり子さん(1934年5月26日)、女優の田中美佐子さん(1959年11月11日)、タレントの飯星景子さん(1963年2月23日)、女優の羽田美智子さん(1968年9月24日)、オアシズの大久保佳代子さん(1971年5月12日)、マラソンランナーの高橋尚子さん(1972年5月6日)、歌手の浜崎あゆみさん(1978年10月2日)、タレントの小池栄子さん(1980年11月20日)、元水泳選手で金メダリストの柴田亜衣さん(1982年5月14日)、タレントの辻希美さん(1987年6月17日)、女優の榮倉奈々さん(1988年2月12日)、女優の新垣結衣さん(1988年6月11日)、女優の広瀬すずさん(1998年6月19日)、女優のミラ・ジョボビッチさん(1975年12月17日)
などがいます。

「ブラウン(どうどう組、どっしりとした猿)」の猿の女性は

腰軽で何事も「機敏」に行動する人で、また周囲の大切な人には「気配り」や「配慮」ができ、義理や人情を大事にします。一方で、人の好き嫌いがハッキリと顔や発言に出てしまうこともあるでしょう。

芸能人やスポーツ選手などでは、
作家の室井佑月さん(八戸市出身、1970年2月27日)、歌手のYUKIさん(1972年2月17日)、アナウンサーの武内絵美さん(1976年11月22日)、歌手の中島美嘉さん(1983年2月19日)、レスリング選手の伊調馨さん(八戸市出身、1984年6月13日)、女優の松下奈緒さん(1985年2月8日)、女優の神田沙也加さん(1986年10月1日)、女優の吉高由里子さん(1988年7月22日)、Perfumeの大本彩乃さん(1988年9月20日)、タレントの小島瑠璃子さん(1993年12月23日)、女優の松岡茉優さん(1995年2月16日)、女優のキャリー・アン・モスさん(1967年8月21日)
などがいます。

「ブラック(ぐんぐん組、守りの猿)」の猿の女性は

「笑顔を絶やさず」、「芯が強い」人です。かわいい笑顔をしていますが、いったん始めたら途中で投げ出さず、歯を食いしばって最後までやり遂げようとする人です。

芸能人やスポーツ選手などでは、
女優の故岸田今日子さん(1930年4月29日)、歌手で女優の小柳ルミ子さん(1952年7月2日)、女優の稲森いずみさん(1972年3月19日)、アナウンサーの大橋未歩さん(1978年8月15日)、SKE48の松井珠理奈さん(1997年3月8日)
などがいます。

「ブルー(いけいけ組、大きな志を持った猿)」の猿の女性には

頭の回転が速く、みんなの前で「チャーミング」に振る舞える人が多いでしょう。そのため、美人でなくても明るさで人気を集められます。また、好きなものを好きと言って取り組める素直さがあります。一方で、オリジナルな感性や個性が強く、人生のパートナー選びは苦労するでしょう。

芸能人やスポーツ選手などでは、
プロゴルファーの岡本綾子さん(1951年4月2日)、女優の宮沢りえさん(1973年4月6日)、歌手のaikoさん(1975年11月22日)、歌手の元ちとせさん(1979年1月5日)、女優の中越典子さん(1979年12月31日)、女優の川口春奈さん(1995年2月10日)
などがいます。

「パープル(ごろごろ組、尽くす猿)」の猿の女性は、

「働き者」で、相手の喜ぶことのために行動する人です、それが相手にとってうれしいことかどうか、というのはさておき、、、。いわゆる、おしかけ女房的な側面もあります。そのため、報われない恋が多いことでしょう。

芸能人やスポーツ選手などでは、
女優の加賀まりこさん(1943年12月11日)、歌手の山本リンダ(1951年3月4日)、歌手のアン・ルイスさん(1956年6月5日)、歌手の香西かおりさん(1963年8月28日)、タレントのさとう珠緒さん(1973年1月2日)、タレントの中山エミリさん(1978年10月8日)、モデルの蛯原友里さん(1979年10月3日)、歌手の平原綾香さん(1984年5月9日)、女優のキャサリン・ゼタ・ジョーンズさん(1969年9月25日)
などがいます。

以上、性別、各カラー毎に、こんな言葉が当てはまります。

スポンサードリンクス




2.猿の理想的なパートナーは?

女性にとっての理想のパートナー

あながた女性なら、どんなカラーでも、お相手の男性は、同じカラーのひつじの方が理想的です。でも、パープルの猿の方は、ブラウンのひつじの方がいいでしょう。同じカラーの相手を選ぶことで、精神的に共有できる部分が多くある人生を送れることでしょう。

以下に理想的なパートナーの男性をまとめておきますね(^-^)。

レッドの猿の女性満月グループ・レッド(のびのび組)のひつじの方
仕事や趣味、旅行などの価値観を共有し、人生を楽しめるパートナーです。

オレンジの猿の女性満月グループ・オレンジ(はどはど組)のひつじの方
結婚しても恋人気分を大切にしてくれ、デートのディナーや旅行に連れて行ってくれる人です。

ブラウンの猿の女性満月グループ・ブラウン(どうどう組)のひつじの方
とても堅実で、経済的に安定する生活が手に入れられます。

ブラックの猿の女性満月グループ・ブラック(ぐんぐん組)のひつじの方
何事も堅実な判断をする、しっかり者です。

ブルーの猿の女性満月グループ・ブルー(いけいけ組)のひつじの方
お互いに干渉はしないけれど、精神的に理解しあっていけるパートナーです。

パープルの猿の女性満月グループ・ブラウン(どうどう組)のひつじの方
あなたのためにマメに尽くしてくれます。

スポンサードリンクス




男性にとっての理想のパートナー

あなたが男性なら、相手の女性は、ライオン、ペガサス、ゾウといった太陽グループの方を選ぶといいでしょう。
これらの女性は、明るく朗らかで、あなたにとって癒しとなってくれるはずです。

以下に理想的なパートナーの女性をまとめておきます。

レッドの猿の男性太陽グループ・グリーン(そよそよ組)のペガサスの方
仕事や趣味、旅行などの価値観を共有し、人生を楽しめるパートナーです。

オレンジの猿の男性太陽グループ・イエロー(すくすく組)のライオンの方
結婚しても着飾ったりしておしゃれを忘れず、恋人気分を大切にしてくれ、デートのディナーや旅行に一緒に行ける人です。

ブラウンの猿の男性太陽グループ・シルバー(きらきら組)のライオンの方
とても堅実で、家計をしっかり管理してくれます。

ブラックの猿の男性太陽グループ・イエロー(すくすく組)のライオンの方
何事も堅実な判断をしますが、行動力もある、しっかり者です。

ブルーの猿の男性太陽グループ・ゴールド(さばさば組)のゾウの方
キャリアウーマンを続けたいという人が多く、経済的に自立し、お互いに干渉はしないけれど、精神的に理解しあっていけるパートナーです。

パープルの猿の男性太陽グループ・イエロー(すくすく組)のペガサスの方
大らかで、あなたのお世話をマメにしてくれます。

3.まとめ

動物占いは、土台となった四柱推命自体が、本場中国のものとは違っており、四柱推命という名称自体、日本でつけられたものです。

日本の四柱推命は生年月日で占いますが、中国ではこれに「生まれた時間」を加えて、より具体的に占います。生まれた時間がなければ占いとして成り立たないとされているので、中国のものと日本の四柱推命を比べることはできません。。

ということで、動物占いは、意中の相手が日本人だったり、日本でずっと生活していて、日本の文化を理解していたり、日本人の行動が体に染み付いているという外国人に対して用いるのがいいのだと思います

併せてこちらもどうぞ
・動物占いで「コアラ」の相性(性格や恋愛)について調べてみました
・動物占いって当たるんですか?「ペガサス」で相手の性格や恋愛など占ってみました。
・「チーター」で動物占いをしてみました。気になる恋愛の相性など。
・「ライオン」の動物占いでは、仕事や恋愛の相性はどうなの?
・動物占いで「ゾウ」の人とは、どう仕事や恋愛で接すればいいの?

スポンサードリンクス

関連記事

太宰治 人間失格のあらすじ│破滅に至った人間を描く太宰作品の真骨頂

太宰治の人間失格は、紛れもなく太宰の代表作である。 一般的に「人間失格」と言えば、その意味

記事を読む

動物占いで「コアラ」の相性(性格や恋愛)について調べてみました

動物占いでコアラの人はどんな人でしょうか。 調べてみると、穏やかで面倒見が良く、サービス精

記事を読む

動物占いで「ゾウ」の人とは、どう仕事や恋愛で接すればいいの?

・ゾウの人ってどんな性格をしているんでしょう? ・ゾウの人は、どんな人に惹かれるのでしょう?

記事を読む

「チーター」で動物占いをしてみました。気になる恋愛の相性など。

・好きな人を動物占いで調べてみたら、チーターだったんだけど、どうやって落とせばいいの? ・この

記事を読む

受験のゲン担ぎ用の食べ物、北関東ご当地ものを紹介。効果は迷信?

ゲン担ぎ、それは誰にも一つや二つあること。 ゲン担ぎ、それは意識して日々の生活の中でやっている

記事を読む

アメリカのバレンタインデーとは。もしかして禁断の恋も?

アメリカのバレンタインデーは、日本のように女性から男性に愛の告白をするのとは違って、先生から生徒

記事を読む

動物占いで「ひつじ」の相性(性格や恋愛)について調べてみました

あの人との相性はどう? いい人がいない、、、私の王子様はどこにいるの。。。 好きな人が出来な

記事を読む

動物占いで「虎」の相性(性格や恋愛)について調べてみました。

動物占いで虎に当てはまる人は、一般的にあまり多くをしゃべらず、勉強熱心で、また、行動力が伴う人で

記事を読む

有吉佐和子 一の糸のあらすじ│愛情と厳しさを教えられて育った裕福な娘の物語

有吉佐和子の「一の糸」は、裕福な商人の家に生まれた一人娘の茜が、視力を失い生きる関心を失う中、露

記事を読む

「ライオン」の動物占いでは、仕事や恋愛の相性はどうなの?

・ライオンの人ってどんな性格? ・どんな人に惹かれるの? ・相性のいい動物タイプは? ・こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高尾の温泉、カフェ、ビアガーデン、そばや釣り堀などのおすすめを紹介します

高尾周辺の4つの温泉、カフェ、ビアガーデンやとろろそばなど、高尾山(5

恩田陸 蜜蜂と遠雷のあらすじ│4人のコンテスタントそれぞれの心情と背景そして演奏

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」は、国際ピアノコンクールで、4人の出場者(コ

宮尾登美子 蔵のあらすじ│過酷な運命を生き抜く女たちの物語

蔵は宮尾登美子の代表作で、越後の国の蔵元を舞台に、盲目となる少女・

中島敦 名人伝のあらすじ│名人とは何か? 中島敦の遺した寓話

名人伝は1942年12月に発表された作品で、中島が同じ月の4日に死

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

→もっと見る

PAGE TOP ↑