スウェーデンのスイーツ、セムラとセムラ男とは。

公開日: : 最終更新日:2018/06/03 スイーツ(Sweets), スウェーデン(Sweden), 北欧(North Europe)

シュークリームのような形をしたセムラは、冬から春のある時期に食べる、スウェーデンの伝統的なお菓子の一つで、あちらの国ではとても人気があります。

日本人がイメージするシュークリームからは想像ができない味をしていて、お店によって微妙に味が違うので、現地の人はぞれぞれお気に入りのお店を持っています。

そしてこだわりのセムラ男もご紹介します。

スポンサードリンクス




1.クリームのお味は?見た目と味のギャップが大。

セムラは日本国内のスーパーではまず売られていませんので、まだご存知ない方も多いでしょう。見た目は、日本でもおなじみのシュークリームのような形をしています。大きさはいろいろ。日本でもプチシュークリームもあれば、ジャンボサイズもありますからね。

3-4 cake-279520_640 (pixabay)

日本のシュークリームは、中のクリームがとろりとしているのが一般的です。それをイメージしてこのセムラを食べると、ん?なんか違うな、と思う事でしょう。クリーム部分はちょっとジャリっとした感触です。

その昔、私がアメリカではじめてバタークリームを食べたときのような衝撃がありました。お店で買ったとってもきれいなお菓子。さぞかし生クリームはふわふわで甘いのだろう!と口にすると

「固いがな!」

味はええ、アメリカンな甘さでした。とにかく胃が焼けるような甘さでした。
なぜジャリっとするのかというと、アーモンドクリームが使われているからなのです。

スポンサードリンクス

2.生地はどうなの?

さて、セムラの外側はシュー生地というよりパンに近く、ちょっと固めで味はピリッとくる感じです。カルダモンというスパイスが使われているからなのです。
このカルダモン、最も歴史のあるスパイスの一つであるとも言われています。
さらに、セムラにはホイップクリームが乗せられます。

3.セムラ、その正体はおいしいのかおいしくないのか。

日本のシュークリームの「甘い・ふわふわ・クリームとろん」を連想して食べると何だこりゃ!となります。

正直言って、スウェーデンで初めてこのセムラを食べたときは、「おいしくないお菓子だな」と失礼ながらも思ってしまいました。シュークリームの方がおいしいじゃん、と。

しかし、セムラがお店に並ぶ時期は、現地の友人宅に遊びに行ったり、友人の実家に遊びに行ったりすると「これはスウェーデンの伝統菓子、セムラっていうのよ。ここのお店のはおいしいの。さあ召し上がれ。」と、もうこれでもか、というくらいお茶の席に出てくるのです。

内心、「またかよっ!」と思うのですが、私はあるとき気が付きました。
ここのは美味しいのよ、と言うけれども、確かにそれぞれ味がちょっとずつ違うな、ということに。

大きな違いはうまく言葉では説明できないのですが、食べたときの味が微妙に違うのです。

4.セムラ男。どこにでも極めたい人はいるという事で。

このセムラ、一年中常に街中にあふれているお菓子ではないのです。最近ではクリスマスが終わったころから、お店に並び始め、そしてそれはイースターまで続きます。期間限定とは言え、結構長い期間です。

ちなみにイースターっていつ?と思いますよね。日本ではまだあまりなじみのない日です。イースターは毎年日にちが異なります。「春分の日の直後の満月の後の最初の日曜日」と規定がなされていますので、今年のどの日がこれにあたるか、ということでその年のイースターが決まります。

さて、スウェーデンではセムラの時期が来ると、「どこのセムラが一番おいしいか」と新聞や雑誌などで盛り上がります。みんなそれを見ながらあちこちのセムラを味わうのでしょうが、これに異言を唱えたひとがいました。

その名も「セムラ男」

ストックホルムにベースを置く、ブロガー、セムラ男は言いました。
「新聞記事の特集は十分ではない。深く掘り下げていない。10個くらいしかセムラを試食していない。」

こう言うだけあって、セムラ男はすごいことをしています
2011年からセムラの販売している期間中、彼はストックホルム市内の毎日違うベーカリーでセムラを買い、一日一つセムラを食べているのです。

徹底していますね。言うだけありますね。

そして彼は決して「どこが一番だ」とは言わないのです。

「私はどこが一番のセムラだ、とは言いません。それは、いくつもある本当に素晴らしいベーカリーにとってアンフェアだと思うからです。私は私の意見を述べるだけです。どこが一番か選ぶのは、読み手がすることです。」

なるほど、極めているだけの重みがありますね。

これが流行っている、良い、売れているという理由だけでその商品に群がり、店舗から売り切れが発生するのが頻繁な日本的発想とはかけ離れています。決めるのは自分。自己決定責任を重んじるスウェーデンの制度がここにも見え隠れしています。

3-5 cake-279524_640 (pixabay)

さて、セムラをもっと身近に感じるものが日本にもありました
歌手のカジヒデキさんが、「セムラソング」というのを歌っていました。歌詞がとてもユニーク、しかし、「生クリームをホイップして」とか、具体的。

セムラ男まではいかなくとも、カジヒデキさんのセムラに対する熱い思いが感じられます。

スポンサードリンクス

関連記事

スウェーデンのオーロラはキルナへ。観光も楽しめます。

あなたが人生で一度は見てみたいものに「オーロラ」はありますか? 実はオーロラは日本でも見ら

記事を読む

スウェーデンのイケメンモデルは家事もできます!女子力男子の理由を探る

男は男らしく。 ある程度の世代の人であれば、これは当たり前の事でした。男なのだから泣くな、

記事を読む

カヌレ 大阪や東京周辺で妥協しないおすすめパティスリー&ベーカリー

妥協のないおいしいカヌレ選び、したいですよね。 通常のサイズもあれば、ぽいっと口に放り込め

記事を読む

イギリス風アフタヌーンティーの作法 10個以上知っていますか?

イギリスのティータイムと聞けば、ホテルでのアフタヌーンティーを想像する人も多いのでは? あ

記事を読む

スウェーデン旅行のおすすめ時期はいつ? 四季それぞれの特徴を説明

スウェーデンに旅行に行きたい! でもいつが一番いいのでしょうか。 せっかくだから一番

記事を読む

スウェーデンのお土産におすすめするお手頃なもの

スウェーデンを代表する高めのお土産品を以前に紹介させていただきました。 ガラス製品、リネン

記事を読む

ノルディックウォーキングの効果 北欧生活で感じたこと

日本ではノルディックウォーキングが静かに流行しています。 森林浴のため、健康維持のため、病後の

記事を読む

スウェーデンへの移住 仕事を見つけ、居住許可と労働許可を申請・取得するまで

北欧インテリアに囲まれ、おしゃれな部屋に暮らす。外に一歩足を踏み出せば、豊かな緑やこれまた北欧デ

記事を読む

鹿嶋まつりのフリーマーケット、B級グルメ、駐車場などを紹介

鹿嶋市最大クラスのお祭りが毎年秋に開催されます。 その名も「鹿嶋まつり」。 家族総出

記事を読む

外国から見た日本 スウェーデンからはどう見える? 身の回り&ショッピング編

あなたの中の常識が、実は世界では異質だった!ということは良くあることです。 変な英語が書かれた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

雲取山の全登山ルート7つを紹介 初心者が挑むものからベテランのルートまで

雲取山(2017.09m)は東京都最高峰の山で、日本百名山の一つで

有吉佐和子 恍惚の人のあらすじ│認知症を持つ義理の父の介護を通じた、女の生き方

有吉佐和子の恍惚の人は1972年の作品で、今では当たり前のようにメ

ゴーゴリ 鼻のあらすじ│小市民的なユーモアへの憧憬

『鼻』は1835年、ゴーゴリ26歳の時に上梓された作品である。

ベネチアングラスの値段や偽物の見分け方、保証書についてのお話

イタリア土産として大人気のベネチアングラス。ベネチアに足を踏み入れ

ベネチアングラスとは。ムラーノ島を中心に1000年の歴史を持つベネチアの栄華の象徴

ベネチアングラスはベネチアのムラーノ島を中心に作られる工芸品で、4

→もっと見る

PAGE TOP ↑