「 恋愛(Love) 」 一覧

宮本輝 花の降る午後のあらすじ│人生からおりた人間に花は咲かない

しがらみを捨てることは人生をおりることであり、人生からおりた人間に花は咲かない。 花の降る午後は、フランス料理店の女主人となった典子が、困難に立ち向かいながら幸せになってゆく話です。

続きを見る

動物占いで「ひつじ」の相性(性格や恋愛)について調べてみました

あの人との相性はどう? いい人がいない、、、私の王子様はどこにいるの。。。 好きな人が出来ないんだけど、どうすればいい? 今の彼・彼女と結婚を考えているんだけど、本当にそれでいいのかしら。。

続きを見る

動物占いで「狼」の相性(性格や恋愛)について調べてみました。

私が好きになった人が、動物占いで狼だったら、どうやってアプローチすればいいの? 私のことを評価してくれない上司がどうも狼らしい。。。 自分と相性のいい友達や同僚はいないのか。。。。 狼っ

続きを見る

有吉佐和子 一の糸のあらすじ│愛情と厳しさを教えられて育った裕福な娘の物語

有吉佐和子の「一の糸」は、裕福な商人の家に生まれた一人娘の茜が、視力を失い生きる関心を失う中、露沢清太郎の三味線に出会うことで視力を取り戻し、世間知らずで周りを振り回しながらも、後妻となり、9人の

続きを見る

有吉佐和子 紀ノ川のあらすじ│たくましく生きる女たちの物語

紀の川は、一流のストーリーテラーとして知られる有吉佐和子の代表作で、1959年に発表されました。題材としたのは、自身の家系で、経験をもとに書かれているという点が現実味があり、人々を惹きつけています

続きを見る

有吉佐和子 香華のあらすじ│母と娘の関係を描く、古くて新しい作品

香華は、自由奔放な母に振り回され、嫌いながらも、母への思いを捨てられない娘の物語である。 母がいるため、自信の商売にも悪影響が出る一方で、切れない親子の縁に逃げることなく、強く生き抜く朋子の

続きを見る

太宰治 道化の華のあらすじ│人間失格へと続く道

「道化の華」は1935年に発表された太宰の初期の作品である。 作品の主人公である葉蔵とその友人たちは、いずれも「道化」の振る舞いをし、彼らは教養が高い若者ばかりで、繊細さと高いプライドが同居

続きを見る

太宰治 人間失格のあらすじ│破滅に至った人間を描く太宰作品の真骨頂

太宰治の人間失格は、紛れもなく太宰の代表作である。 一般的に「人間失格」と言えば、その意味は、成人しても社会に適応できず、法律や倫理に反する行動をとり、最終的に人々から、「人間失格」の烙印を

続きを見る

マデレーン王女の結婚や、ライフワークとしている活動は?

諸活動のみならず、その美しさでも有名なマデレーン王女。 王女のライフワークやパートナーなどの情報をお伝えします。 その生き方からは、王室の伝統を守りつつも、自分の人生を自由に生きるスウェー

続きを見る

フィリップ王子 スウェーデンのイケメン王族なのにすごくまじめなんです

スウェーデン王室のカール・フィリップ王子。 世界のイケメン王族ランキングでも上位に挙がることが多く、結婚した今でも、世界中に多くのファンがいます。 デザイナーとしての顔、農学や農村管理

続きを見る

宮尾登美子 蔵のあらすじ│過酷な運命を生き抜く女たちの物語

蔵は宮尾登美子の代表作で、越後の国の蔵元を舞台に、盲目となる少女・

中島敦 名人伝のあらすじ│名人とは何か? 中島敦の遺した寓話

名人伝は1942年12月に発表された作品で、中島が同じ月の4日に死

八甲田山登山の全12ルート! 1時間のハイキングから大縦走まで紹介

八甲田山(はっこうださん)は、青森市から20キロほど南にそびえる火

ゴーゴリ 外套のあらすじ│平凡な役人が陥る喜劇めいた悲劇

『外套』はゴーゴリの執筆活動における最後期の1940年に書かれ、1

有吉佐和子 不信のときのあらすじ│男と女のだまし合い

有吉佐和子の不信のときは、1967年に書かれた小説で、有吉佐和子に

→もっと見る

PAGE TOP ↑