「 文学(Literature) 」 一覧

宮本輝 花の降る午後のあらすじ│人生からおりた人間に花は咲かない

しがらみを捨てることは人生をおりることであり、人生からおりた人間に花は咲かない。 花の降る午後は、フランス料理店の女主人となった典子が、困難に立ち向かいながら幸せになってゆく話です。

続きを見る

有吉佐和子 芝桜のあらすじ│家族に恵まれない女たちのたくましい生き方

有吉佐和子の「芝桜」は、芸者として売られた家族に恵まれない女たちが、経済力のある男を旦那として摑まえ、自分の居場所を見つけたくましく生きていく姿を、大胆に描いた作品である。 一本気で筋の通ら

続きを見る

ドストエフスキー 悪霊のあらすじ│ロシアの文豪不朽の大作

2018/02/15 | 文学(Literature)

悪霊は、ロシアの文豪ドストエフスキーが50歳の頃の作品で、主人公らに無政府主義、無神論、社会主義革命などのテーマを持たせ、社会を混乱に陥れ、人々を不幸にしながら、誰ひとりハッピーエンドを迎えないス

続きを見る

中島敦 弟子のあらすじ│孔子と、最も長く付き従った弟子たちの逸話

孔子(紀元前552年~紀元前479年)は、春秋時代の中国を生きた思想家、哲学者であり、儒家の始祖である。 その聡明さと人柄から、3000人ほども弟子がいたとされ、中でも、孔門十哲と呼ばれる特

続きを見る

幸田文「きもの」のあらすじ│生きる知恵を教えてくれる作品

結婚しても両親への気遣いが出来ない長女、その逆の次女、大ざっぱな性格の母に、豊富な知識や経験から的確な判断を下す祖母。 主人公のるつ子は、このような家族の3姉妹の末っ子で、器量は良いが意地悪で見

続きを見る

有吉佐和子 一の糸のあらすじ│愛情と厳しさを教えられて育った裕福な娘の物語

有吉佐和子の「一の糸」は、裕福な商人の家に生まれた一人娘の茜が、視力を失い生きる関心を失う中、露沢清太郎の三味線に出会うことで視力を取り戻し、世間知らずで周りを振り回しながらも、後妻となり、9人の

続きを見る

中島敦 山月記のあらすじ│臆病な自尊心が変じた獣を描く、著者の代表作

中島敦といえば山月記というほど、この作品は広く知られている。 その理由としては、思わず引き込まれるようなスピード感のあるストーリーとともに、秀才であれば誰しも大なり小なり持っている自尊心と現

続きを見る

有吉佐和子 華岡青洲の妻のあらすじ│命を賭して夫の麻酔術の実験台となる妻と母

世界で初めて、全身麻酔を調合し、手術に使用したとして世界的に名を知られる、華岡青洲。 その成功の陰には、失明しながらも夫の実験台として麻酔を受ける献身的な妻と、妻に息子を取られて競って息子の

続きを見る

有吉佐和子 紀ノ川のあらすじ│たくましく生きる女たちの物語

紀の川は、一流のストーリーテラーとして知られる有吉佐和子の代表作で、1959年に発表されました。題材としたのは、自身の家系で、経験をもとに書かれているという点が現実味があり、人々を惹きつけています

続きを見る

有吉佐和子 香華のあらすじ│母と娘の関係を描く、古くて新しい作品

香華は、自由奔放な母に振り回され、嫌いながらも、母への思いを捨てられない娘の物語である。 母がいるため、自信の商売にも悪影響が出る一方で、切れない親子の縁に逃げることなく、強く生き抜く朋子の姿は

続きを見る

宮本輝 花の降る午後のあらすじ│人生からおりた人間に花は咲かない

しがらみを捨てることは人生をおりることであり、人生からおりた人間に

有吉佐和子 芝桜のあらすじ│家族に恵まれない女たちのたくましい生き方

有吉佐和子の「芝桜」は、芸者として売られた家族に恵まれない女たちが

ドストエフスキー 悪霊のあらすじ│ロシアの文豪不朽の大作

悪霊は、ロシアの文豪ドストエフスキーが50歳の頃の作品で、主人公ら

動物占いで「ひつじ」の相性(性格や恋愛)について調べてみました

あの人との相性はどう? いい人がいない、、、私の王子様はどこにい

中島敦 弟子のあらすじ│孔子と、最も長く付き従った弟子たちの逸話

孔子(紀元前552年~紀元前479年)は、春秋時代の中国を生きた思

→もっと見る

PAGE TOP ↑